【2020年 台湾旅行】3日目 最後まで飯がうまかった。

スポンサードリンク

台湾旅行1日目1日目夜市2日目に続いて3日目の最終日。3連休初日という事で一気に宿泊客が増えて周りは日本人だらけ。旅行はやっぱり平日に行くに限ります。

この日も朝は宿泊したコスモスホテルで朝食のバイキングを食べますが相変わらずどれも美味い。

今日はパッションフルーツをオレンジジュースの中に入れて特製ドリンクを作りました。

スプーンで救うよりも口に運びやすくてこっちの方がパッションフルーツが食べやすいです。

タピオカの次はこれが流行るんじゃないのかなと思いましたが、よく見るとオタマジャクシがウジャウジャ入ってるような気持ち悪さがあるので却下。

最終日はお昼過ぎに空港に向かわないといけないのでそれまで台北駅近辺でぶらぶらする事に。

台湾は日本では売っていないパックが売っているので、大量の美肌パックをゲットして喜ぶ婚活中のCちゃん29歳。最近はティンダーで出会った男性から1週間後に求婚され年中結婚するらしいが、外見よりも中身を磨けと親戚一同から喝を入れられるも聞く耳を全く持たない彼女に結婚しなかったら1万円をベットしました。

日本では1杯700円程する高級タピオカミルクティーのTIGER SUGERも台湾だと値段が安いので飲みました。

甘くって黒糖の濃厚な味にとろとろにとろける美味しさ。

台湾名物の「角煮まん」も食べましたが台湾に来てこれが1番うまかった。

やわらかいもっちりしたバンズの食感に角煮の味がマッチしながら、アクセントにピーナッツの粉が合うんだなぁこれが。ご飯というよりもデザートっぽさもありましたがとにかくうまい。

ピーナッツをお湯でふやかして、ちょっと砂糖が入ったスープもうまかった。お腹に優しそうで風邪を引いた時なんかに食べたらよさそうです。

その後は時間になったので空港に向かいます。

お昼ご飯は空港で食べようと思ったら値段がどれも観光客価格になっていたので、ウロウロしながら決めたのが、

ビーフンです。お米のヌードルでお肉と玉ねぎが載っていてライムを絞って頂きますが、ピリッと辛くてうまかった。お腹いっぱいになりました。

空港は高いので台北駅とか別の場所でご飯をしっかり食べてきた方が安上がりです。

空港の中を歩いていると台湾のお茶を運ぶロボットがいたりかなりハイテクな一面も。

トイレには液晶パネルが設置されていて、清潔で満足しましたか?的なボタンだと思うので、毎回ニコちゃんマークを押してました。台湾のトイレはどこも基本的に綺麗です。

重たいカメラを持ち歩くのが正直しんどすぎるので、旅行中はiphoneで撮影した写真を沢山使っていますが、もう少し画質がよくて広角でも撮れるiphone11proが欲しいなぁと見ていたら海外のiphoneはシャッター音が鳴らない設定ができるんだそうです。いいねこれ。

免税店を見終えたら搭乗。

帰りはチャイナエアライン。しかも非常口目の前だったので広々快適。

ご飯も食べれるしお酒も飲み放題で映画を見ていたらあっという間に帰国しました。3時間ちょいのフライトだけどご飯の時間があると時間が過ぎてくれるのが早いからありがたい。

成田空港に到着して出口に向かう途中、壁一面にプロジェクターで映像が流れている場所がありましたが、大きな画面でとても迫力があってよかったですよこれ。

ただ色味が少し白っぽかったのでもう少し鮮やかな色合いだったらもっといいんだろうけど、日本についた外国人の人の気分が少しでも上がってくれたら嬉しいですね。


2020年の台湾旅行はご飯が美味しくて色々と観光して台湾の可愛い女の子と話してとても楽しい旅行でした。少し寂れている雰囲気はあるけど物価は日本と変わらないレベルになってきている現実を目の前にして日本オワコン感をまじまじと感じる事になりました。

早急に日本株全部手放すしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seven − one =