tinderで糞男と出会った。Cちゃんが年収1500万円の既婚者にフラれる話

イケメンでお金ある人はチャラい人が多いので女性の皆様注意してください。

いくつものマッチングアプリを駆使して数々の男と出会うCちゃん(30歳)が今回は3人の男と出会い、その中でも極上のtinderで出会った糞男の備考録を書いておこうと思います。

パーティーで年収350万円の男と出会う

tinder男との前に2019年にとあるパーティーで知り合った同年代の彼と出会った。

彼は実家ぐらしの長男だ。

奥手な彼は彼女もあまり出来ずに積極的なCちゃんは出会ったその日の帰りに公園によってそのままキスをして付き合う事になった。

「今回は絶対結婚すると思う」と言いながら「彼はお金がない」「年収350万ぐらいだからなぁ」と文句をグチグチ言いながらも週に2回は遊んで仲良さそうにしていたが、「割り勘にしてほしいって言ったら嫌な顔されることもある」「私もたまにおごってあげるんだよ偉いでしょ。」と言いながら、「ご飯に行く時にはアプリ経由でお店を予約してあげるから、お店選びを率先してえらいでしょ」と思いきや、アプリ経由でご飯に行けば合計料金からポイントがいくらかキャッシュバックされてる事が発覚…。5000円食べに行くと2000円ぐらい戻ってくるんので、彼がご飯代をごちそうしておきながらCちゃんはキャッシュバックされるというなんともセコいことをしていた。

彼はCちゃんの事が好きだったので、国内旅行のお金も頑張って出してあげていたりと年収の割にかなり頑張っていたにも関わらず、1年も絶たずにメンヘラCちゃんに付き合いきれずに別れてしまった。

メンヘラCちゃんは男がいないと寂しくて生きれず、出会った男はその後も友達としてキープするのがお決まり。今回も別れた後に「げんき?最近どう?」と、電話をしたら「俺にもう関わるな」と怒られたにもかかわらず「彼はまだ私の事が好きなんだよ。ムフフ。」とニコニコ笑顔。どうやったらそんな言葉に変換されるんだろうか?という始末で、相手の傷口をえぐるのがとにかく上手。そして

スポンサードリンク

「もう男なんかいらない私は仕事に生きるんだ」と豪語して大手企業に入社。

 

大手企業の2000万オーバー幹部ポストと不倫

Cちゃんにしてはかなり立派な企業に入ったが、入って直ぐに役職のあるお偉い人と恋仲になり、寂しいといえば車でお台場にデートをしたり楽しい毎日を送った。

そう。平日だけは。

彼は年収2000万円クラスのお偉いさんで幹部ポスト。写真を見せてもらったが可愛い顔をしていて髪の毛の減った藤原竜也に似ていたが、そんな人を女性が放っておくわけがない。出会った時から結婚していることを告げられ既婚者で子供持ちだが、妻との関係は冷めきっていて子供が成人したら別れようと話している事からCちゃんのことを「彼女になって」と告白されるとすっかり彼女モードになって有頂天に。

しかし、平日はご飯に行ったりホテルに行ったり楽しく過ごせるけど、土日は家族がいるから絶対に会えない。だけど妻とは冷めきっているから休日でもずっとラインをして繋がっている二人の関係。家族がいることを承知して不倫をしているはずなのに、「彼女」と告白されてからは2番めの女という立場に徐々にイライラしていき「本当に奥さんと別れて結婚してくれるの?」「彼女って言ったじゃん。あれは何?」と不倫相手にそれ言ったら終わりなタブーを平気で連投。

最初こそワガママを言うCちゃんにも広い心で対応して「居場所が良くて他に行きたくなくなるよ」とアピールしていた不倫相手だったが、さすがに尋常じゃなくしつこいCちゃんのラインに激おこプンプン丸になりヤクザでも出てきますよといわんばかりの脅迫ラインが送られてきてCちゃん速攻で「申し訳ございませんでした」と敬語で平謝り。

上司だった彼からは「もう会社に来なくていい。今後の事はこちらから連絡する」と言われて在宅仕事が任命されるも英語を和訳する仕事をグーグルに投げ入れるだけに何度説明しても仕事をしないCちゃんは他の女性社員から嫌味を言われて自主退社する事になった。

 

「いや〜不倫なんてもうこりごりだね。仕事がんばるわ!」

 

そう言った1時間後にはアプリを起動して男を探しているメンヘラCちゃんが次に使ったのがTinderと言われるマッチングアプリで年上の高身長でイケメンな彼と出会った。

tinderで1500万円糞男と出会う

目は二重でクリクリとしていて、身長は180cm程でスリムな体でとある企業に務めている幹部クラスで年収1500万円以上のハイスペック男子だ。写真ではサングラスをして小さめなポーチを脇に抱えている写真を見て家族全員が言った。

 

「ありえない。これは結婚詐欺師でしょ。何かある。」

 

今まで何人もの男と出会って騙されてきたお前の眼力は節穴なのか…と呆れる周りの反応を一切気にしない強い心はどこで培われたのか教えてほしい。

初デートでご飯に行ったらそのまま彼の部屋に招かれて合体。「結婚しよう」「子供を作ろう」と求婚されたと喜んでいたので、Cちゃんと結婚するしないの1万円の掛けをする事にした。

年内には結婚したいと彼が言うから、じゃあ顔合わせが必要だから直ぐにでも皆で会う事になった。

Cちゃんから「この日に彼来れるって」と家族に通達されるもいざその日になると「仕事」や「出張」が入り全く彼が来ないのだ。

「明らかにおかしいだろこれ…」と誰もが思っているのに、Cちゃんは騙された事に気づいていない。

しかし以前から彼は平日は会えるけど、金曜日の夜から土日になると会社の接待や取引先との会食などが長引き夕方から次の日1日中連絡が取れなくなり、「酔っ払って寝ていたわ」などと酒癖の悪さを披露していた事に40歳にもなるおっさんが何をやってるんだよ…とドン引いていた。

こんなに飲んだの久しぶりと言いながらも次の週にもまたお酒を飲んで連絡が取れなくなる。

しかも決まって金土日にかけて。これは何かあるのは100%承知だが、それ以前にそんな不安定な人と付き合っていくのは普通の人なら速攻で別れると思うのだがイケメン高収入の響きに弱いCちゃんはそれでも彼を追い続ける。

仕事の後にホテルで会う事になっていたある日。先に彼が予約したホテルで一人待つCちゃん。

彼は近くの居酒屋で会社の人とお酒を飲んでいたので、中々来ないから彼のいるお店に行くと会社の人と4人で飲んでいる姿を発見。彼に声をかけるも一緒に飲む事もなくホテルに追い返され一人で彼が来るのを待つデリバリーCちゃん。

しかし、休日に連絡が取れなくなって「どこにいるの?」としつこいCちゃんのラインの嵐に、たまたま僕が以前コンドームを大量にレビューする為に購入して要らなくなった分をあげた数個を彼の家に持っていったら、「なんでコンドームなんて持ってるの?」と言われたCちゃんが「義理の兄がコンドームのアフィリエイトやってていらないコンドームくれたんだよ」と言ったら、「そんな事あるわけねぇじゃん」と怒られたが。


ここにいるんだよ。


色々あって嫌気がさした彼とも喧嘩が多くなり別れてセフレとして再スタートを切る事になったCちゃん。

再スタートをきったが煮え切らないので、泊まりに行った時に彼の家を調べると別に家をもう1つ所有していることを発見して結婚もしていて子供がいることも突き止めた。

嘘をついていた事を彼に問い詰めると「不倫がバレたら請求されるのCちゃんだよ?」と開き直られる糞対応を披露した男に乾杯。

最後は「幸せになってね。」と一方的に電話を切られて終了。

「tinderはヤリモクの人が登録してるんだよ」と言っていたCちゃんの言葉はその通り体を張って実証してくれました。

Cちゃんとの掛けに勝った僕は1万円のお金を持っていきなりステーキを食べにいきました。楽しい話に美味しいご飯までごちそうになってありがとうCちゃん。これからもよろしくね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 2 =