【2020年 台湾旅行】2日目 十分と九分で台湾観光満喫してきました。

台湾旅行1日目に続いて2日目です。

スポンサードリンク

朝はコスモスホテルの朝食付きバイキングを食べましたが、本格的な肉まんや焼売にパッションフルーツがあったり台湾の味を満喫できてどれも美味しくて朝から満腹。2014年に来た時にも美味しかったけど6年経って訪れた今回の方が美味しく感じました。

パッションフルーツ

朝からお腹いっぱいになるまで食べてしまったけど、これから観光しながらまた色々つまむので旅行は太る..。

お店の人がビーフンを作ってくれるのですがこれまた美味い。

台湾のトイレ事情

食後はトイレに行きましたが、台湾のトイレは鍵が小さくて本当にしまってるのか不安になる作りもありました。

そしてトイレットペーパー も大型なのはいいけど、縦に出るので出しづらい..。いかに日本のトイレットペーパー の置き方が優秀なのかがわかります。

 

基隆市(きんるいし)に蟹の市場を見に出発

僕は別ブログで年間10万円以上蟹を食べては記事をかいているんですが、台湾の蟹の種類や値段を調べたくて台北駅からバスで基隆市に行きましたが、市場には蟹が売っていなくて夜市も朝行ったからまだ営業しなくって撃沈して帰ってきました..。

詳細記事:台湾の蟹はいくらなのか?スーパーと屋台を調査してきました。

十份(じゅうふん)でランタンを飛ばしに行きました。

基隆市に行ったけどお目当ての蟹が売ってなかったので、そこから線路の真ん中からランタンを飛ばせる観光スポットとして有名な十份(じゅふん)にバスと電車を乗り継いで行きました。

電車の中は少し古い感じがしましたがきれいに掃除されていて清潔です。

十份に到着。

沢山の観光客が沢山訪れていましたが、台湾の中でも日本人がとても多い場所で特に若い人が多かったです。

ランタン飛ばしやりました

早速1つ日本円で900円ぐらいのランタン飛ばしをやります。

十份名物なので、駅から降りると沢山の似たような客引きがいて「やりませんか〜」と声をかけてきたので、適当にお願いしました。

それぞれ願い事によって色があるので欲張りな人は4種類カラーで飛ばせます。

紙に願いを墨汁で4面書いたら

ランタンは先ほど乗ってきた電車が普通に通る真ん中で飛ばします。


嫁は飛ばす瞬間にいい感じに写真を撮れなかった事に怒っていましたが、店員さんは結構頑張って色々と写真を撮ってくれます。

正直あっというまに飛んでいくので感動もクソもありません。

僕は「この炎の付いたランタンが何処に飛んでいくんだろうね。」「山奥に飛んでいってるけど、山火事にならないのかな」と、そこにいる誰もがそんな事を考えていない不安を1人思っていました。

あっという間に遠くに飛んでいきます。

可愛いランタンのキーホルダーも売ってました。


お昼頃だったので近場のお店でお昼ご飯を食べましたが、台湾いえど適当なお店に入ると小籠包は汁がはいっていなくてハズレなお店にあたる事もあります。やっぱりグーグル先生の力を使うべきでした。

ランタンを飛ばす以外に古くて今にも崩れ落ちそうな吊り橋があります。

ジャンプすると多少揺れますが、高さはあまりなくてそこまで怖くありません。

 

九份(キュウフン)に行きました

十份から九份は近いのでそのまま千と千尋の神隠しの舞台となったと言われる九份に行きました。

台湾1の観光名所なので観光客がごった返しています。

1本道が永遠と続き左右にはお土産屋さんが並んでいます。

あったあった、これが千と千尋の神隠しのイメージモデルとなった場所です。

2014年に来たときもそうでしたが、九份は曇りの日が多くてこの日も霧がかっていました。

九份を見おわたったらバスで台北まで戻り夜ご飯に行きましたが、閉店ギリギリに入店。

色々と頼みました。

小籠包は肉汁バッチリで美味い。

薬味をたっぷりもらえるので、載せて食べると最高です。


餃子もうまい。

チャーハンもボリューム満点で美味。今回の台湾旅行はご飯で外れが一度もなかったです。全部が美味しくてゲテモノがなかった。

台湾の駅構内のトイレには誰がどこに入ってるかランプで表示してくれるシステムがありましたよ。日本も導入してほしいです。

毎日ホテル近くの夜遅くまでやってる薬局に行って物色してましたが、店員の台湾人のお姉さんにおすすめされた僕が買った泥パック。

「この顔で鼻ぶつぶつでもOK?」と強引な日本語で聞くと、「う、うん!OK!」と苦笑いで反応してくれました。

台湾のコンビニ 物価が日本と変わらなくなった?

台湾のセブンイレブンによると、おにぎり1個が33元なので日本円だと120円ぐらいです。台湾は物価が安かったはずですが全然日本と変わらない物もあります。

台湾名物のフルーツ。りんごじゃありません。

トマトじゃない台湾フルーツ。

梨じゃない台湾フルーツ。 梨っぽいのに味がしなくてなんだこれは….ちょっと物足りないと思いましたが、有名な食べ物です。

台湾ジュースも台湾の紙パックは25元なので100円ぐらいから売っています。

日本の午後の紅茶なども売っていますが、39元なので160円ぐらいと少し高め。

お酒は9%のストロング系も売っていますが、99元もします。99円じゃないですよ。日本円だと400円近い値段です。

茶碗蒸しがコンビニで売っていたり、

ソーセージが売っています。

ホテルに戻って、コンビニで買った台湾CLASSICを飲みながら

パックをやって2日目が終わりました。この日も10キロ以上歩いていたので、足がガクガクで腰が痛くて辛かった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

10 + nine =