2019年ヒルトン東京お台場でさくらの鉄板焼カウンターで25,000円クリスマスディナー食べて来ました。感想


2019年12月にヒルトン東京で期間限定のクリスマスディナーを鉄板焼きの日本料理「さくら」で食べて来ました。口コミを調べるとお高いご飯を彼女に振る舞ってプロポーズするのに使われる場所っぽいのでカップルが多いのかなと思ったら意外と家族連れだったりパパ活中だったり普通な人が多かったです。

スポンサードリンク

ロビー2階に上がると大きなクリスマスツリーでお出迎え。

サンタの人形やプレゼントが置かれてフォトスポットが沢山ありました。

ヒルトン東京さくらの店内の雰囲気

目の前が鉄板焼きでシェフがお客さんを最大7人相手に料理を振る舞ってくれるカウンター型のお店です。全ての料理は目の前で作られて行くのでベテランシェフとの会話を楽しみながら料理を楽しむエンターティナースタイル。

一部屋に3つの鉄板カウンターがあり、シェフの料理越しには綺麗な中庭を見ながら料理を楽しめる場所も用意されていますが、今回の席は残念ながら壁側でした。

ヒルトン東京さくらのドレスコード

スーツやシャツを着ていかないと恥をかくのかなと思いましたが、来ている人はそんなにお高い雰囲気もなく至って普通の服装で男性はパーカーを着ている人もいました。サンダルや短パンはNGです。


お高すぎる場所は自分の身の丈に合わずに貧乏な僕には肩が凝るので苦手ですが、今回はお金持ちの妻のおじさんがご馳走してくれるという事で付いてきました。

今回食べたメニューはこちらです。

事前にこれを食べに行くとメニューを知らされていたので、でっかいお肉に丸々大きなトリュフがお土産で持って帰れるのかな。んでもこれでも値段が高いなぁ…と思っていたのです。


ソフトドリンクでさえも900円からでお酒に関しては1100円以上が基本と超高い。高すぎるので1杯だけごちそうになりました。うわわわ….。

海の幸とフルーツのパフェ キャビア添え サンタの誘い

席につくと直ぐに料理が運ばれてきました。

1品目はキャビアのつぶつぶとした食感と野菜の前菜ですが至って普通。なんの味がしてたか思い出そうとすると直ぐに忘れる感じでしたがキャビアがしょっぱかったのは覚えています。

カダイフをまとったタラバ蟹と軽いカリフラワーのクーリ

鉄板で丁寧に焼かれたタラバガニにパリパリとした食感の揚げ物みたいなのがまとった一品。

タラバガニはうっすら味がしてくる感じで新鮮な感じですが一口サイズで物足りない…。

フォアグラの鉄板焼き ベリーとワッフルのガトー仕立て カシスのソース

今回食べた中で一番美味しかったのがこちらの品。フォアグラの濃厚なしつこい味がパンチが効いてて美味しいけカシスソースでさっぱりしていて、デザートのように食べれた不思議な一品が意外性があった品です。

オマール海老のラブテルミドール

新鮮な生きていたオマール海老を鉄板で焼いて特製ソースで頂きます。

想像どおりのエビの味でした。

冬野菜とウィンタートリュフのラッピングギフト

ラッピングギフトだから手土産なのかなと思ったらなんと鉄板の上で袋をそのまま焼き

お皿の上で袋の中に閉じ込められたトリュフと野菜の香りを楽しみながらいただく一品。

「ん?あれ?」写真には大きなトリュフが丸々と載っていたので楽しみにしていたけど、実際は野菜のみでトリュフはスライスされたものがパラッとのっていたのみ。薄味で食べやすい温野菜でした。

プレミアム黒毛和牛 A5ランク サーロイン40g フィレ40g

待ちに待ったメインが登場。お肉の食べ比べです。焼いてる肉の大きさは写真よりちょっと小さいので後から追加されるのかと思っていましたが….


鉄板焼カウンターの見せ場としてお酒でフランベして炎を演出してくれます。おおおおおお!!!

って、でてきたお肉小さっ!!

柔らかくてサーロインもフィレもどちらも美味しいのですが、量がもうちょっとあるのかと思ったら非常に少ない…。こ、これだけですか….!!まじですかっ….!!

写真だとこれが1人前だと思ったのですよ。

お肉はお皿に丸々でっかいのが乗っかっていますよね。もちろんメニューには40gと書かれているので、適正な量なのかもしれないけどまぎらわしいじゃないっ!!高級料理なんていつも食べていないから写真の物が出てくると勘違いしたいじゃないかーあー。

ガーリックライス

しめにガーリックライスとお味噌汁におしんこが出て終わりです?!え?!まじで?!

デザート ブッシュ・ド・ノエル

デザートは鉄板焼カウンターから場所を少しだけ移動した別のデザート用の席に移動していただきました。

中に入っているイチゴのソースが甘酸っぱくってとっても美味しい。肉料理など散々たべたお口をスッキリさせてくれました。


トイレ

室内の一番近いトイレは1つしかなく男女共有です。ウォシュレットがついてて綺麗ですが、洗面所は少し古さを感じました。 

 

ヒルトン東京お台場でさくらの鉄板焼カウンターまとめ

25,000円は高すぎる。

13,000円ぐらいだったら腑に落ちます。目で見て、「これはこんな味がしそうだな」がそのままで、良い食材使ってるから美味しいけど、「これうめぇぇやべぇぇ!!」とまでならない味でした。

人が来ない平日は通常1万5千円のコースが3000円のクーポンで食べれたりと原価一体いくらなんだろ?と思う場所で、今回の25,000円コースも別の平日には15,000円で食べる事が出来るんです。

お腹をペコペコにして朝早くからジムに行って自分を追い込み、お昼はパンを半分しか食べずに「お腹いっぱいで次のメニューは食べれないよ。ゲフ….。」といったぐらい出てくるのかと思ったら「え?!これで終わりですか?!」といった量で、家に帰ってから小腹が空いててのりの巻かれているオニギリを食べたら

白米うまぁぁいいい!!となりました

自分の為だけに鉄板料理を作ってくれる特別感とか空間を楽しむのにはいい場所だと思いましたが、公式ホームページに乗せている写真と実際に出てきたメニューのサイズや量に違和感があった部分は残念でしかなかったです。せめて右下に写真はイメージですとあって欲しかった。

申し訳なさすぎてご馳走してくれたおじさんになにかお返ししようと思います。

2 COMMENTS

いけだ

確かにボリュームが少ない・・・ですね ^ ^ ;
男性には物足りないかも。
ガーリックライスの上に乗ってるのは何ですか?

返信する
ゆーすけ

いけださん おひさしぶりです。

写真と出てきた量の差にびっくりしましたね…。
これでこの価格は申し訳なさすぎました..。ほぼ場所代とか鉄板焼だからのサービス量でもっていかれてそうですが…。

ちなみに上に乗っているのは米をつぶして伸ばしたものです。カリカリしてました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。