夏はやっぱりタンブラー!サーモスと象印を比較しましたが、象印の方が使いやすい理由!

 

暑い夏には冷たい飲み物を飲みたくなりますが、そんな時に便利なのがタンブラーです。

 

タンブラーの利点
・コップに水滴がつかなのでデスクまわりが濡れない
・冷たさが普通のコップより長続きするので氷が溶けない

 

冷蔵庫に入れてるペットボトルが切れても、常温のペットボトルに氷をタンブラーに入れればあっという間にキンキンに冷たくなるのが何よりも使いやすい理由です。

 

サーモスと象印の比較

ちなみにタンブラーと言えばサーモスが有名ですが、象印のタンブラーも中々よくて僕は現在象印ばかり使っています。

保冷効果 汚れやすさ 洗いやすさ のみ口 ニオイ 容量 値段
サーモス 薄い 400ml 1522円
象印 厚い 450ml 2420円

 

サーモスはテカテカで高級感がありますが、傷と汚れが付きやすく、オキシクリーンに漬け込まないと綺麗にならず、コップの底が深いのでスポンジで洗いづらくて、たまに鉄臭さを感じる事がありましたが、値段が安いのが利点です。

一方、象印は値段は高いですが、容量は450mlとたっぷり入り、ボトルが低くて広いので洗いやすく傷もつかずに常に綺麗で、鉄臭さも一度も感じずに、ザラザラとした手触りが握りやすいです。

どちらも性能としては水滴が付かずに冷たさはキープしてくれますが、象印の方が使い勝手が良いので、今ではサーモスは使わなくなりました。値段は1000円程違いますが、サーモスより洗いやすい部分が特にいいので、気になる人は是非使ってみてください^^

ちなみに過去にはサーモスでどれだけ冷たさが持続するのか検証した記事も書きましたので合わせてどうぞ〜

本当に氷が溶けないコップ!「THERMOS 真空断熱タンブラー」購入しました!
 

コメントを残す