自宅で仕事をする僕のお昼ごはん。

つい最近までは卵かけご飯に納豆に白米だけで食べてましたが、生卵を食べるとお腹を下すので今はスーパーで買ってきた安いお肉を5日分に分けて冷凍して食べる前日分だけ解凍してフライパンで焼いて食べてますよ。

会社員で働いてた時は毎日1食1000円ぐらいのお昼ごはんを気分転換の為に外食しに行ってましたが、今では1食300円程。1ヶ月で計算するとお昼の食事代だけで2万円だったのが6000円になり1万4千円と大幅な節約になりました。

年間で計算すると24万円も食事だけで使っている計算っておかしいですよね。年収300万ぽっちの給料しかもらってないのにですよ。

会社員の時は何せお昼ごはんを食べるスペースもなかったから、外食して気分転換する事も仕事の一つみたいな感覚があり、致し方なく外食してましたがチームの人とご飯を食べても仕事の事が頭から離れずに気分が落ち着く事もなかったので給料が発生しないのはおかしいんじゃないの?と思った事もありましたよ。

それこそ、自分の食べたい物を我慢して相手に合わせる事もあったりと、サラリーマンとして場を乱さない様に頑張っていましたが、1人でご飯を食べるのは相手の気持ちを気にする事無く好きな時間に食べれるので本当にありがたい事だと思っています。

会社というのは、単に仕事ができるだけじゃなくて何をするにも相手の気持ちを読み取り場の空気をしらけさせないで楽しくやらないと行けない場所で、とても気を使い大変な場所だったんだなと改めて思いました。

納豆に白米にお肉のルーティーンで今年1年は乗り越えられそうな気がしています。

コメントを残す