「毎日残業をして夜遅くまで働く人は仕事ができない。」

仕事が忙しくていつも終電近くまで働き家に帰ってくる生活を2年以上続けていた頃に

 

「毎日、夜遅くまで働いてるのに、帰ってくるのが遅いってよっぽと仕事が出来ないんだよ。向いてないからやめた方が良いよ」と妻からよく言われていました。

 

当時は嫌味を言われていると思っていましたが、まさにその通りだったんです。自分には向いてない仕事だったので辞めて正解でした^^;

 

仕事が出来る人は効率的に仕事を終えて定時には帰れるし、沢山仕事を詰め込まれて物理的に仕事の量が多くてそれをさばけずイライラするなら、その仕事に魅力を感じず自分に向いてないということです。

 

毎日夜遅くまで働いてもそれが楽しくて仕方がないというなら話は別ですが、僕は毎日イライラしながら働いていたんです。

 

納期に間に合わない無理なスケジュールを頑張ったところで、給料は直ぐに上がらないどころか、その仕事に踏ん張れたら「こいつはもっと仕事が出来る」という評価を与えられてさらなる仕事が降ってくるブラック企業の餌食になり、体調と精神ともに崩壊する事になります。

 

仕事の悩みで頭が一杯だと新しい事を学ぼうとする心の余裕がなくなります。ブラック企業はそうやって仕事を沢山詰め込んで他の事を出来ないように洗脳してくるので、転職をする気力も無くなってしまいます。

 

不安とストレスだけが増えていき、毎日お酒を飲んで体重がどんどん増えていきましたね..。

 

しあわせなサラリーマン生活を送るにはどうすればいいのか?

 

自分にどんな仕事が向いてるのか見つける事は難しいですが、こんな所に目を向けると良いかも知れません。

 

・働いてきた業種を見直す

 

今まで自分に合ってると思って働いてきた仕事は本当に好きだったか見返したら良いと思います。そもそもクリエイターを目指したいと思う人は、物づくりが好きな人ですが、会社に入ったら作りたくない物を作れといわれるので、他人から指図されたものを作るのが好きな人がクリエイター職には向いてる事になりますが、僕は作りたくない物を他人から指図されて、何度も修正する事にお金以上に無駄な事に思えたので、その職種自体が自分には向いてない事が分かりました。

 

睡眠時間が少なく長時間労働も嫌だったので、自分の会社だけじゃなくてどの会社も毎日夜遅くまで働かないと儲からない職業は選ぶべきではありません。

 

あなたがクリエイター職につきたいのであれば「クリエイター×ブラック会社」「クリエイター×給料」「クリエイター×平均年収」などで検索して、大手の企業でどれだけのお金がもらえてどんな働き方をしている人がいるのか調べてください。

 

どんな仕事をやりたいのかも大切ですが、どんな1日を送りたいのかも大切です。

 

睡眠時間を8時間以上取って、毎日妻とご飯を食べてテレビを見てランニングしてジムに通いたいのであれば、その生活をするにはどうやって働けばいいのか自ずと道は決まってきます。

 

・今現在右肩上がりで成長している会社に転職する

 

わざわざ下り坂のエスカレーターに乗って辛い経験をする意味などありません。下がっている会社は社内の悪い噂で不運な空気が流れてどんどん人が辞めていく負のスパイラル状態で、仕事もパンパンで毎日遅くまで大変な苦労をします。そんな環境よりも右肩上がりで登っている会社に入った方が余裕があるので、働いてる人も元気で社内の福利厚生も良い待遇で毎日会社に行ったら何かあるかも?と楽しい気分で出社する事が出来ます。

 

右肩上がりの外資系広告代理店で働いてた時は、夕方17時になるとお酒が振る舞われて、納期が短い仕事があるとピザやお寿司を出前で必ず取ってくれてタクシー帰りが当たり前でしたが、下がっている会社にいた時は業務で必要なソフトの申請さえ降りませんでしたからね..。

 

徹夜しないと終わらない仕事があるのにタクシー代も出ない会社はお金が無いので間違いなく入らない方がいいですよ。

 

面接では必ず質問で、「年々業績が上がっているのか?」「今後先までどのような仕事で売上を伸ばしていくのか?」具体的なプランを教えもらい、その中で自分がどのような事で成長していきたいのかピッタリ合った会社に入ればいいと思います。

 

真面目な人は振られる仕事をさばけない自分が能無しだと思ってやる気を無くしていきますが、自分にその会社が合ってないだけなので、黒い会社で働くのは時間の無駄なのでそんな会社は一刻も早く転職した方が良いですよ

 

転職サイトをこちらにまとめているので良かったら参考にしてみてください。

合わせて読みたい

コメントを残す