仕事に悩む乙女。アプリ開発をやりたいCちゃん28歳。


仕事の続かない妻の妹のCちゃん28歳。


派遣事務をやって6ヶ月が経過したが仕事の覚えが悪いらしく後から入ってきた人より仕事が出来ないと上司よりクレームが入ったそうだ。


そもそもCちゃんは事務員だが一般人のお客と対面で話してエントリーしてもらう仕事。


しかしお客として来た一般人に対して自分の好みじゃない人にはどうも愛想が悪くなるらしく、「話が速くて聞き取りづらい」「態度が悪い」などクレームの声が多数来たらしく自分でも態度が悪い事を自覚しているが、「嫌いな人に愛想良く振る舞うなんて私には無理」と6ヶ月経過したら貰える有給を消化して辞める事を決意。今度は何をするの?と聞いたら、



?!

アプリ開発者をなめてるのかな?


なぜなら、Cちゃんはパソコンを持っていない。


過去の経歴から言うと、webデザイナーになると学校に通ったがフォトショップを起動する事すらせず、HTMLの”center”さえ覚えずに数ヶ月で中退。通信で大学を卒業すると受けて中退。知り合いの花屋に「お手伝いしたいので働かせて下さい」とお願いしたのに「彼氏も連れてって良いですか?」と不謹慎発言で縁切れ。架空アフリエイト商材に騙され100万円の詐欺にあって50万円戻ってきた事に対してあの人はいいい人だよと言う。ダイエットモニターに参加して私は変わるわ!と言いながら1ヶ月もせずに「お腹が減って頭がおかしくなり!あんなのおかしいわ!」と逆ギレしてトレーナーを訴える。などなどやばい行動多数あり。


最近この本を買ったらしく、



アプリ開発って実際何をやるのか分からないけど、ホリエモンも最初はアプリを開発してたから、お金持ちになるにはアプリ開発すればいいんだよね?という考えみたいだ。


子供が総理大臣になりたい!とか社長になりたい!と言ってる事と何ら変わりなく、一番大切な過程を全て通り越して何となくかっこいいよねアプリ開発ってwwと思っているのだ。ごめん。この動画を進めたから気持ちが高ぶったのかもしれない。


本来なら自分が今まで経験して嫌だった事に対して、こんな商品があったら世の中がよくなるんじゃないの?とそれを変える為に作り出すのがアプリ開発なはずのに、今のCちゃんは「アプリ開発をやりたい事をやりたい人」になっているのだ。


デザイナーという肩書がかっこいいからとデザイナーになったら華やかな世界とは無縁で残業徹夜で大変だけど、経験した事のない人には何を言っても分からないから色々と経験するしかないのだろう…そんな事をしている間にどんどん歳だけ取っていき後戻りできない年齢になっていくんだけどね…。

まあ、この映画でも見て現実を知りなさい。

コメントを残す