時給4000円!銀座のクラブで働き出したCちゃんから見る働く事の本質。

出●い系大好きで楽に稼げる事に興味があり仕事は1年と続かないCちゃん。先日もパーソナルトレーナーをお願いして「私は痩せる!!」とダイエットインスタを開設していたのに2ヶ月絶たずに「あのトレーナー食事制限がひどすぎて私体調が悪い!!お金返してもらいたい!!」と言い訳を付けて返金させるやばいクレーマーなのですが、(こういう人をお客にしたら駄目)
そんなCちゃんは最近ちょこちょこ色々なお店を体験入学していたキ●バクラで遂に銀座のとあるお店で雇われる事になったのです。


そのお店はお金のあるオジサンしか来ない場所でキャバ●ラというよりクラブといった感じの場所。キャバ●ラはお金のない人が来てゲストークを連発するので精神的に疲れるらしいが、お金のあるオジサンが来るお店はなんとも穏やかで話しに嫌味がなく、若いだけでちやほやしてくれるのでとても楽しいんだそうですが、


そのクラブには運命的にもグランドピアノがありなんとCちゃんは小さい頃からピアノを習っていたのでここで生演奏を披露してお客のハートをがっちり掴んでいるそうです!!


「さっきまでアホな子だと思ってたのに、この演奏さばきは一体?!こやつまさか?!」


多少頭が悪くてアホな喋り方をしても、ピアノを演奏出来るというだけで不思議と知的に見えるのです。


店内もCちゃんにピアノを生演奏で弾いてもらう事で華やかになり、ピアノを弾ける事をアピールする事でお客様との会話もはずみます。


Cちゃん。「その曲私も好きですよ〜良かったら弾き致しましょうか?」

じいや「ううむ。それじゃあ頼むぞ。」

じいや「おおお。なんていうメロディーじゃ。これじゃこれ。懐かしい。いい思い出をありがとう。」

Cちゃん「いえいえとんでもございません。」

じいや「次もまた来る時は是非一曲お願いしたい。これは今日のチップじゃ。」

Cちゃん「お気持ちありがとうございます。」


お金のない場所で働いてるのに、お給料は上がるはずがない!

水商売は体を張った大変な仕事だと思いますが、それはお金のない人達がどうにか安いお店で女の子を口説こうとしてくるからです。


先日もランニングついでにドンキホーテに寄ったら、昼間から「これはいくらなんだよー!!」と、元々安い家具を指差しながら定員に怒鳴っている人がいましたが、安さを追い求めると生活レベルが低く頭の悪いお客しかこなくなるので、クレームが多くなり従業員もストレスが溜まって直ぐに辞めてしまいます。


しかし、お金のある人をターゲットとして高級志向にする事で、治安はよくなり働く従業員の個々のサービスも向上してお店全体が活気に満ち溢れるようになり、お水が流れるようにお金が循環するようになります。


余裕のある人は心が広く、余裕のない人は直ぐにキレやすい。そしてお金の無い人をいくら相手にしてもお金が入ってくるわけがないのです。

言い換えれば予算の無い仕事を頑張ってやった所で、お給料が上がるわけがなく、デザインの仕事をしていた僕に言わせれば、いくら良い物を作った所でお金がないのでお給料は上がらないのです!

あるのは、上司が「よく頑張ってくれたね。ありがとう。」という言葉ひとつで片付けられるんですよ?!


褒められたいから働いてるわけじゃないんだ!金をよこせ!!


人が変わったように現在働いてるCちゃんはお昼と夜に働き現在月50万円近くお給料を稼いでいて、来月焼肉をご馳走してくれるので今から楽しみです^^

コメントを残す