コロナで住宅ローンが払えない?生涯必要な家賃を調べてみた。

 

ローンが15年返済期間延長って、80歳まで働くのかな….

コロナで自粛が続く中、給料が6割しか払われなかったり仕事が無くなったり大変な思いをしている人が多くなっていますが、ローンを組んでいる人がお金を払えずに家の売却を検討している人も出てきているそうです。

 

「住宅ローンが払えない」相談が急増 新型コロナ影響で

住宅ローンを扱う住宅金融支援機構によりますと、支払いに関する相談件数はことし2月はおよそ20件でしたが、先月はおよそ200件、今月はすでにおよそ1200件と急増しています。

勤務先の業績悪化で収入が減った人などについて最長で15年返済期間を延長し、月々の返済額を減らすなどの対応を始めていて、担当者は「今後さらに深刻な事態になることも予想される」と話しています。

 

仕事もなくなり、住まいもなくなる辛さは大変そうですが、改めてこの歳になり家を買おうかなと思っていましたが、絶対起きない事が起きるこの世の中で、お金がないのに他人にお金を借りてまで返せない物を買うべきじゃないと痛感させられました..。

毎月家賃を払うんだったらそのお金を払う事でマンションを買う事もできるならそっちの方がお得だと思いがちですが、毎月の払うお金は変わらなくて広い家に住めても借金して家を買っている事を忘れてはいけないんですよね。

スポンサードリンク

家を買ったら「俺の城」だけど、完済していなければうかつに喜んでいられな現実がすぐに叩きつけられる辛さ。

近所のマンションを興味本位で見に行きましたが、高い利子を含めて数千万円払ってまでその家に住む事を考えたら、借金を抱える事に恐怖を覚えて生きてる心地がしませんでしたよ..。

そもそも綺麗で広くて素敵な家にすまなくても、6畳の狭い東京の部屋に慣れきった体はパソコンの前からほとんど移動しないので、広い家が必要ない。広ければそれだけ掃除が大変になり、使っていない無駄なスペースが増えるだけです。

子供が小さければ子供部屋はいりません。

今現在33歳なので、子供が思春期が始まる中学生の12~13歳まで10万円の狭い家で過ごすとします。

33歳から50歳まで17年間10万円の家で過ごした金額
10万円x12ヶ月=120万円
120万円x17年=2040万円

20歳からは子供がシコシコできないので、一人暮らしの部屋を用意してあげる必要があります。8年間だけ広めの家を用意してその後は家を出てってもらって一人暮らしをスタートしてもらいます。

都内でも3LDKで15万円程出せばそこそこの物件があります。

50歳から8年間58歳まで15万円の家で過ごした金額
15万x12ヶ月=180万円
180万円x8年=1440万円

そこから夫婦2人になるので最初の10万円の賃貸に引っ越すとします。

58歳から90歳まで32年間10万円の賃貸で過ごした金額
10万円x12ヶ月=120万円
120万円x32年=3840万円

えっ?!33歳から90歳まで生きるとしたら家賃だけで7320万円も必要なの?!

定年退職が65歳だとしたらあと32年働けますが、32年間で7320万円貯めるには年間228万円貯める必要があります。

228万円を12ヶ月で割ると1ヶ月19万円貯金しなければいけないので毎月40~50万円は最低ラインな事が分かりました。

あれ?生きるって家賃払う事なのかな?

結婚するなら、イケメンでも高学歴でもなく地主の後継で決まりです。

ベストセラーだったのでこの本読んでますが結局現在だと株なのねというオチ。
漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則 Kindle版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve + four =