α7Ⅲを買ってフルサイズのレンズをどれを買おうか迷ってSEL1635Z買ってみたら満足した話。

α7Ⅲのカメラを今年に買ってから標準でついてくるSEL2870のレンズⅠ本で撮影していましたが、何を撮るにも1歩物足りなさを感じていて新しくレンズが欲しいなと前々から思っていたものの、フルサイズのレンズは1本10万円近くするのでどれを買おうか悩んだ挙げ句に買わないでいたのですが、せっかくだったらそろそろ買ってみようと考えてみたら4本のレンズが欲しい事に気づきました。

欲しいレンズ4本はこれ

・普段は家でブログ用の写真を撮影することが多く商品を撮影する場合は手で持ったりして寄りが多いのでマクロレンズが欲しい。SEL90M28G 10万円

・α6000のときに使っていた単焦点レンズみたいに暗い場所でも明るく撮影出来て、背景がボケて面白いレンズが欲しい。SEL50F14Z 16万円

・遠い物が撮れる動物園に行った時に使えるズームレンズが欲しい。SEL70300G 14万円

・旅行に行った時に景色を広く撮影出来るレンズが欲しい。SEL1635Z 13万円

レンズを比較してみた結果SEL1635Zを購入

・マクロレンズが無くても、ブログ用の写真はSEL2870でも撮影出来ている。フルサイズなのでトリミングすればブログに使える。

・明るいレンズは背景がボケると面白い写真を撮れるけど説明カットは撮りづらい

・ズームレンズを使う時は限定的

しかし広く撮影出来る広角レンズがあれば旅行に行く時に広大さを伝えれる説明カットが撮れるし、1635Zは手持ちである程度の寄りも撮影出来るので、このレンズを買う事にしてみました。

どのレンズも良し悪しがある

何を撮影するかによって使うレンズは変わるので一概にどれが1番良い!というのが無いので、レンズを買う時は何を自分は撮影する事が多いのかを考えて買うべきなのですが、新しいレンズを買うと今まで撮れなかった面白い写真が撮れるので、ついついレンズが多くなっていく、いわゆるレンズ沼にハマっていく事になるんですよね^^;

1635Zのレンズは標準レンズと比べるとそこまで大きく無くて、まだ首から下げても持ち運びしやすいサイズです。

いくら綺麗に撮れても、馬鹿でかいレンズを持ち運ぶ事が旅行の醍醐味になって疲れては本末転倒なのででかすぎるレンズは持ちたく無いなと思ってしまいます。

SEL1635Zを買って早速箱根旅行で写真を撮りましたが、広大な景色だけじゃなく人を手前に入れて撮影すると奥行きがある写真が撮影できたり、カレーライスみたいなテーブルフォトを撮れたりと、いろいろな写真を撮れるので非常に面白いレンズだなと思いました。

SEL1635Zの作例はこちらをご覧ください。

合わせて読みたい

 

ちなみに過去にも広い景色が撮れるtouit2.8/12を持っていましたが、いかんせんピントが合うのが遅くてギュィーンギュィーンと使えたもんじゃなかったので売払いましたが、1635Zはフォーカスの合うスピードも早くてめちゃくちゃ使いやすくてストレスゼロです!!

こんな事なら伊豆大島旅行に買っていけばよかったと後悔しましたが、新しいレンズを使うのはやっぱり面白いですね…!

カメラは旅行を楽しくしてくれる必需品!次はマクロレンズに手が伸びてしまいそうだなぁ^^;

コメントを残す