飲みに行く時は携帯の充電地をしっかり持って行きましょう。

先日飲みに行った帰りに、近くに友達の家があると聞いてたので行こうと思ったら、意外と遠い場所にあり、電車に乗って近くになったら電池の残量が0になってしまったので、コンビニで電池を買ったんです。

電池といえど今は差し込み口がいろいろあってめちゃくちゃ分かりづらいんですが、

iphone7の差し込み口はこうなってまして、

パッケージから差し込み口が見えるんですが、「ああ、これだよね」と。直ぐにわかりました。

ね?

入らないんですよ…..。

そしてよくよくみると、ああ、こっちだったか!!と二つ目の電池を買ったら、店員さんが「あれ?先ほど買いましたよね…と一瞬止まりましたが」「間違って買ってしまったのでアハアハハ」と言ったら、「申し訳ございません」と何故か謝られました。変な気を使わせてしまって僕が申し訳ございません..。

僕みたいに間違って買う人が多いらしく、買う時にもしっかり「返品交換は出来ませんがよろしいですか?」と言われたのをしっかり覚えているので、もうね、本当に自分の情けなさにやられました…。

電池1つ1580円…。合わせて3000円の出費です….。

充電池をしっかり持っていけばこんな事にはならなかったので、お酒好きの人はあらかじめモバイルバッテリーを持っていく事を忘れない方が良いと思いました。やっぱりお酒って飲みすぎても良い事って何一つないんだよねぇ…。

コメントを残す