ipadproにtypeCの変換器をつけてカメラのデータを取り込む時は純正を買ったほうが良い!失敗談。

2018年度のipadproはカメラで撮影したSDカードやキーボードをTypeCの変換器をつければ、直ぐに使えるようになると書かれていたので、アマゾンでこちらの商品をポチりました。

llano USB C ハブ 1台8役 type cマルチ変換 RJ45 HDMIポート MicroSD/SDカードリーダー アルミ製 超薄

安っぽさがなくてしっかり作られている感じがします。

HDMIx1、USB3.0x3、SDカードx1、TFカードx1、LANケーブルx1、TypeCx1 が1台で繋がるので便利だと思ったんです。

しかし、いざTypeCの接続部分をipadproにつけてみると、

変換器が付いたり、付かなかったりで、使えたもんじゃなかった!!

つなげてもランプが点滅している状態に変換器が反応しない。

もしや故障品?と思ってMacBook Proにつなげてみたら、何度つなげてもしっかり付くので故障品ではない!

そこで純正品のマックから発売されている変換器をつなげてみたら、すんなり付く!何度取り外して付けてもすんなり付くんです!

使ったのはこれです。純正品なので2倍の値段しますが、やっぱり純正品が1番!!Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ MJ1K2AM/A



試しにキーボードもつなげてみたらすんなり付きました。遅延もなくてサクサク打ち込める!



ipadpro2018は写真の読み込むスピードも爆速でSDカードを挿すとこの速さで読み込まれるのでストレスが一切ない!!撮影した写真を直ぐにipadで確認すご!(α7Ⅲで撮影したエクストラファインのJPEG 24Mサイズ)


結論:iPadproでSDカードを読み込む時は純正品を買うべし!

SDカードをipadproで読み込みたいだけなら、この2つが安くてオススメ。

コメントを残す