39歳 独身 お酒を飲むのが趣味の女性の末路とは…

やばや、、、。

妻の以前働いてた会社で仲の良かったHさんがいる。Hさんは独身で親家族や親戚とも仲が悪く現在都内で一人暮らしをしている39歳だ。

結婚はもう期待していなくて、独身を貫くことを公言しているが、貫くというか出来ないと言った方が正しいだろう…。

趣味は酒を飲むことで仕事を頑張り家でつまみを作って漫画を見ながらお酒を飲むのが幸せだそうだ。

しかし、いくら酒を飲んでも1人の寂しさはかき消せないらしく、朝から晩まで妻にどうでもいいラインを送っている。

 

「今日も寒いっすね。」
「今起きたよ。」
「仕事つかれたんすよ。」

 

「なにこれ?新しい彼氏でも出来たの?」

 

言葉遣いはさておき、無意味なラインに妻も終始疲れ気味なのだ。

会社員というのは同じ仕事をしている時は仲が良いが、仕事場を離れると徐々に同じ趣味でも無ければ話すネタが無くなり疎遠になっていき連絡を取らなくなっていくのだが、Hさんは他にかまってくれる人がいないので妻に寂しさを埋めるように連絡をしているのだ。

またHさんは家ばかりで飲むと飽きるので月に一回は妻に飲みに行こうと誘ってくるが妻は酒を飲まないので、飲みにいきたくないのだか、それでもしつこいので3ヶ月に一回ぐらいに会うと会社の愚痴を永遠言われてつまらない話題に付き合っていると言っていた..。

一度出先で近くにいたから、一緒に帰ろうとサイゼで食べてるそのご飯に途中から行ったことがあるが、ジョッキで6杯飲みながらつまみを食べて、お腹いっぱいだろうと思いきや、さらにシメでパスタを2人前食べている姿は、ジャバザハット級の迫力に思わず圧倒されてしまい

久しぶりに「ドン引き」をしてしまった。

外見を気にせずに好き勝手食べて太っていくのは構わないが、この人は寂しさを食欲で満たしている様でなんとも見ていて辛いものがあった。

そして喋っている会話がなんともつまらないのだ..。ううむ…。

「今日家ついていっていいですか?」という番組には一人暮らしでワケありな生活をしている人が沢山出てくるが、まさにそんな番組に適した人材なのだ。

もちろん本人が幸せなら問題は無いが、己の寂しさを紛らわすために妻に迷惑をかけないでもらいたいのだ。

世の中には色々な人がいるものだなぁ…。

コメントを残す