ランニングじゃダメ。仕事で嫌な事やストレスがある時は筋トレすると心が平和になる。

スポンサードリンク

筋トレすとると脳からテストロテンと言われるホルモンが出てきて精神安定剤の効果を出してくれると言われています。

コナミでパーソナルトレーナーを2ヶ月つけてみっちり筋トレの仕方を覚えた僕はいつからかジムに通うのが習慣化して週に最低1回はジムに通い体を動かすと心も安定してとても気持ちいい毎日を送れるようになりました。曇りの日でもそこまで落ち込まずにげんなりしないんです。

運動をする前はガタガタ震える精神状態で生活していました。嫌な事があったら直ぐに死んでしまいたいと思うし、仕事でも納期に追われたら寝れない軟弱体質でしたが、30歳から2年間引きこもり生活を続けてもしっかり社会復帰できたのは筋トレの影響がかなり大きいと思っています。

ただし、間違っていけないのが、ただ運動を続ければ精神が安定するわけではない事に気づいたんです。その昔仕事で嫌な事があったら運動が体に良いと聞いてからラニンニングをして汗を流せば嫌な気持ちも幾分楽になると思って週に1回は5キロほど走っていた生活を1年間続けていた事がありました。終電近くで帰って来て真っ暗闇の夜中に土手を走っては心を落ち着かせようとしていました。確かに走っている時は頭の中が走る事に集中するので頭の中に仕事が入る隙間がなくなるし、走り終わったらさっぱりしている気分になるのでなんだか心も軽くなっていました。

しかしこれでは全く意味がなかったんです…。今だから言えるけど運動した気分に浸っていただけだったんです。

次の日に筋肉痛が襲ってくるような重たいダンベルを持ち上げるトレーニングをしてシャワーで汗を流す時には腕が上がらなくてクタクタになり今直ぐにでもお布団で眠たいぐらい疲れるぐらい動くと、体は疲れているのに頭は冴えてモチベーションは一気にあがり、次の日もスッキリ起きれて1回筋トレをすると6日間は気持ちよく生活を送る事が出来る事に気付いたんです。

ジムに行くのはめちゃくちゃ面倒で重たいし辛いしサボりたい気持ちにとってもなりますが、ジムに行って体を動かして帰って来てじわじわくる体の疲れがなんとも言えない気持ち良さを与えてくれるのでこれがたまらなく快感になっています。

嫌な事があったり「会社に行きたくないな〜」とか「やる気がしないな〜」とか色々と気分が下がってしまう気持ちを週に1回の筋トレでリセットする事が出来ます。

思い返せばパーソナルをつけて自分の人生の中で1番運動をしていた時はブログにも仕事にも力が入り1番収入が上がっていた時でした。筋肉があると全て解決するという本が売られていますが、あながち間違っていない気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。