32歳。アフィリエイトを卒業したサラリーマン生活1日目。

 

「いててて….。」お腹が痛くなりながら目が冷めた。

 

そうだ….。

 

1年8ヶ月アフィリエイトをやってきたが、ついにその幕を閉じて10日間という長いGWの連休が明けて働く日がやってきたのだ。

 

「今日からサラリーマン…。」

 

眠たさは一気にかき消されて頭の中に仕事の嫌な事がフラッシュバックされる…。

 

「また理不尽な事を言われたり、大変な毎日が始まるのか…。」

 

どうにか楽しい事を考えながら心機一転働きたいと思うが、社畜として働いてきた僕には辛い事しか想像出来ずに会社に行く前から心臓がドキドキしてくる..。

 

体がガクガクと震えてベットの中にうずくりたくなる体を引きずり起こしてトイレに駆け込み用を足して、寝癖を水で濡らしてドライヤーで乾かし、緊張しても脇汗が出ないように制汗剤を塗り込み洋服に着替えて家を出た。

 

外を出ると駆け足で歩くサラリーマンが横をすれ違っていく…。

 

今までは横目に「ああ。大変そうだなぁ..。ご苦労さまです。」と、他人事に思いながらコンビニでジュースやお昼ご飯を買って立ち読みしてから家に帰ってくるはずだったが、今日からは違う。

 

同じ電車に乗り込み決められた時間までに会社に出向かなければ行けない「出社」という行動を共にする仲間になったのだ。

 

巨大なビルの中に吸い込まれるように人々が入っていき決められたパソコンで作業をする。

 

「おはようございます。」

 

顔もあわせずに皆パソコンから目を離さずに乾いた声で挨拶をする毎日が始まった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。