インクレディブルファミリーは今年1番面白い映画だった

2018年はまだ終わっちゃいない。

しかし、インクレディブルファミリーは今年1番面白かった映画だと言えます。個人的に120点満点の内容だった。

1は前半部分でそれぞれのキャラを紹介する部分が長くて飽きそうになるが、2は最初からそれぞれのキャラを知っているので、エンジン前回で内容がどんどん進んで行く。アクションシーンも1より多くて、1では見せ場の無かったジャックジャックの活躍が可愛くてキャラクターに心を奪われるシーンが多い。その危機的状況をどう展開するのか想像もしない考えで次から次に物語が進んでいき、気づけば映画が終わっていた。ジャックジャックの可愛さはまだまだ楽しむ事ができそうなので、いずれは3も制作される事を期待したい。正直ここまで楽しい映画はディズニー映画の中でも久しぶりだと思う。

インクレディブルファミリーを見に行くときは、トイストリー1,2の様な別ストーリーではなくて、しっかりとした続きの映画になっているので、1を見てから劇場に足を運ぶとより楽しむ事が出来ます。

おまけ:1で未公開だったジャックジャックのシーン

インクレディブル1では未公開のジャックジャックの映像はピクサー短編集のDVDに付属されていますが、その動画がyoutubeにアップされていました。

コメントを残す