夏は注意!シバンムシが大量発生したのはそうめんと、うどんが原因だった!

我が家には今年の夏場になってから小さな茶色い”シバンムシ“と言われる虫が大量に発生していました。毎日気づけばプ〜ンと虫が部屋を飛んでいたんです。

原因は妻がアクセサリー作りで購入したドライフラワーだと思っていたんですが、花を捨ててもシバンムシが一向に減らない。

どこから虫が出てるの分からないまま、今日は暑いから以前買っておいた賞味期限の切れていないそうめんを食べようと思ったら、そうめんの棒がガリガリに食い散らされて中にシバンムシが大量に入っていたんです!

そうめんの袋を緊急避難する妻。

そして同じ様にうどんに穴が開いてシバンムシに侵入されていました!キモい!!

シバンムシ自体はとても小さく噛まれたりする事もありませんが、まさかビニールに穴を開けて中の餌を食べてしまうとは思いもしていませんでした..。

ちなみに調べてみると、虫に食べられたそうめんは虫を洗い流せば食べる事は可能だそうですが、気持ち悪いので捨てて新しく買ってくる事にしましたよ。

そうめんやうどんはタッパで保存すべき!

そうめんは常温で保存する事が推奨されていますが、購入時のビニールではなく、タッパなどにしっかり入れて保存しなければいけないと思いました。

シバンムシの対処法

ちなみに小さなシバンムシを大量に捕まえるのに便利なのがこちらのSERRICOという虫の好きな香りで呼び寄せて捕まえるシートです。

タバコシバンムシ誘引捕獲セット ニューセリコ 1枚入り

中には香りが入っていて、

それを1面粘着効果のある部分に貼りつけ

こんな感じで少しふっくらさせて虫の入るスペースを用意させて

壁に吊るすと

こんな感じで沢山のシバンムシがくっついていました。

シバンムシが発生したら、そうめんやうどんの袋を要確認!

飛んでいるシバンムシをいくらSERRICOで捕まえても、根本的な対処にはならないので、シバンムシが大量発生したらそうめんや、うどんの袋を確認して何処から虫が発生しているのかしっかりと確認する事が大切です。

引っ越してからゴキブリは部屋の中に一度も出てこないので平和な毎日を送っていましたが、まさかこんな所で虫がでてくるとは思っていませんでしたね^^;

コメントを残す