今だから言える社畜の極み。咳止めにモルヒネの0.0001%が入ってる薬を飲みながら精神を安定させて会社に行ってました。

151114_rinkode_01


毎日徹夜残業で会社が辛くて行きたくない。


前職の職場は覚える事が多くて納期に間に合うのか毎日カツカツながら仕事に行ってどうにか頑張っていた。胃が痛くて血尿が出た事もあったし、どうにか精神的に落ち着かせようと救心を飲んだ事もあったが効果がなかった。


そんな時に出会ったのが、当時咳止めとして飲んでいた「リン酸コデイン酸」


モルヒネの0.0001%が入ってる薬で、これを飲むとふわわわ〜っと薬の副作用でめちゃくちゃ眠くるなるのだが、その成分のおかげで気持ちよくなり心の動機が減って納期のプレッシャーから開放され会社にいく嫌な気分が減った。辛い仕事があった時には出社前に飲んでいけば、なんとも言えない安らかな気持ちで仕事をする事が出来たので、寝るのも辛い時は常用するようになっていました。


人間には、心を安心させる副交換神経と目を研ぎ澄まさせる交感神経があり、その中間地点にあれば平常心としていられます。


運動すると交感神経が高まり目が冴えてやる気バリバリとなり、アロマオイルやお風呂に入ると副交感神経が高まり、リラックスされた気分となりますが、納期を間に合わせないとと目がギンギンで頭が冴えてる状態が高すぎて興奮しすぎると疲れてしまうので、モルヒネ効果で副交感神経を弱めてリラックス状態とさせてくれるんです。


そんな事までして出社してたかが20万円ぽっちのお金をもらって何の意味もなかったので会社を辞めてさっさと転職すればよかったんですが、あの時の僕は転職=負けのような気分だったので中々仕事を辞める事が出来なかったんです。


しかし、いざ転職活動をすると残業が月に30時間程なのに25万円以上を提示してくれる会社もあったので、あの時の自分は一体何と戦っていたんだ?もっと早く転職すればお金も溜まって幸せだったじゃないかと思いましたよ^^;特にこないだ行って来た転職サイトのギークリーで紹介してくれた仕事の量は半端なかったですからね。あれ、今ってバブル来てるの?と思うぐらい。


本当の社畜となると、洗脳されて仕事を辞めるという事も言い出せなくなるそうですが僕もその1歩手前で、仕事を辞める!と決めてから数ヶ月はうだうだしてましたから、辞めると決めたらスッパリ行動するに限るなと再確認。だって今の辛い環境でまた1年我慢するなんて耐えられないでしょ?その1年先に何か幸せがやってくるわけでもないんですよ?


薬を飲んで廃人になるか?転職して良い生活を送るか?


どっちを選ぶか自分自身ですよ。


転職したい人の為に、いろいろな転職サイトのまとめ記事を作ったのでこちらを合わせて読んでみてください。

合わせて読みたい

コメントを残す