最近カメラに興味出てきたのでレンズ2~3個買い、国内旅行でも行ってきたい人にオススメ!!K&F Conceptのカメラバックをレビューしましたよ〜^^


最近カメラを買ったばかりで、これから小旅行に行って撮影したい人に使えるカメラバッグです。


カメラバッグやレンズのアダプターなどを製造しているK&F Conceptの担当者さんから「新作のカメラバッグのレビューをお願いできますか?」と連絡が来たので、「喜んで!!」とお答えしてここ数日使った感想を書きましたよ。

カメラバッグなのにおしゃれで通学、通勤に便利。

今回預かったカバンがこちらです。カメラバックパック リュック 上下2気室構造

カメラバッグとしてパッと見わからないおしゃれなデザインと大きさから、カメラを使わない学生さんがパソコンを入れるのにも丁度いいサイズです。グレー色のカバンはどんな服装にも合わしやすいメリットもありますよ。

大きさは高さ48cm 幅29cm 奥行17cm。いわゆる普通のリュックサイズなので、レンズ数個にノートパソコンを背負っていけるレベルなので、レンズを沢山背負って山に登る本気の人には向かないリュックです。

これだけ入る!!

本気モードのレンズを大量に持って行く人が背負ってるカメラバッグは大きくていかにも重そうで、旅行に行って写真撮影する前から疲れそうですが…

こちらのカバンだってこれだけの量が入るんですよ。カメラ専用リュックの便利さを知らないで普通のリュックにレンズや着替えを全部入れると綺麗に入らず、カバンの中でグッチャリなり探しづらくなりますが、上下に仕切りと収納ケースも入ってるのでカメラにレンズ2~3個に着替えをもって2泊ぐらいの旅行に行くのに使いやすいんです。

高いカメラをせっかく買って旅行に行くのに、カバンをケチった結果疲れて良い写真が撮れなかったでは本末転倒でしょう。

どんな機能があるの?収納はどれだけある?

それではこのカバンにどれだけ収納があって便利なのか見ていきましょう。


まずはこちらの皮のベルト部分です。このカバンを見た妻が始めに放った言葉が、

「ベルトで開け閉めなんて面倒そう」

でしたが、

マグネットでパチンとすぐに開きます。

すると、カパッと防水保護されたケースが開き、

紐でピーっとひっぱるだけの簡単な入り口が開きます。

中身は仕切りがあるので今見えているカバンの半分上まで収納出来ます。仕切りは着脱可能で、普通のカバンとして使うことも可能。写真上側にパソコンの収納スペースがあり、真ん中には着替えを入れるスペースがあります。レンズやカメラを入れるスペースは別にあります。

先日購入したMacBookpro13インチが気持ち良くすっぽり入りました。ちょっと厚みがあるのでしっかり保護されてます。

パンツや靴下も入れましたが、まだ上に余裕があるので、

シャツやGoproを詰め込み洋服部分の収納が完了です。この上部分だけでも

・T-シャツx2
・タンクトップx2
・靴下x2
・パンツx2
・シャツx1
・ノートパソコン13インチ
・Gopro充電池
・Gopro
・Goproハウジング

が入ってます。結構パンパンですが、巾着型の収納ケースだったので問題無く閉まりました。

三脚はベルトで固定される

下側のベルトには三脚がしっかり固定されますが、横に向いてるので扉や物にぶつからないか注意してください。ベルトは着脱不可なので無くなる事がありません。去年購入したカメラバッグは着脱式だったので何処かになくなってしまったなぁ…

電池や小物収納スペース

カバンの右側のポケットはチャックが付いていて、

開けると取り出しやすい電池ポケットに、仕分けされた収納ポケットが付いてます。いつも電池がどこにいったか分からなくなるボケ老人の僕には使いやすくて、妻に”右ポケット開けたら電池入ってるよ”と伝えたらすぐに取ってもらえたので助かりました。

「あれあれ、電池どこいったけー?」

「ここだよ。」とすぐに見つけれます。

ちなみに無くしやすいイヤホンairpotsもすっぽり入るので収納スペースとして使う事ができます。

カメラとレンズの収納スペース

左側のチャックをぱかっと開けると

中から仕切りのケースが出てきました。

マジックテープの仕切りなので、ベリっと調整する事が出来ます。

ここにカメラやレンズを収納しますが、僕が持っているカメラとレンズはこちらを入れました。

・本体(α6000)+レンズ(SEL35F18)
・レンズx2(Touit 2.8/12、キット付属のズームレンズ)
・THETA(360度撮影カメラ)

これで一杯なので、大きめの一眼レンズを入れとレンズは+1個しか持っていけなさそうです。

レンズを取り出すのも初めこそ横から取り出すのに使いづらいと思っていましたが、慣れててくると使いやすくて、ほとんどのカメラバッグが横からレンズを取り出せる仕組みにしてる意味がわかりました。

カメラ掃除キットが入ってる

バッグを買うと中からチャックに入った商品が出てきました。

中身はレンズを掃除するキットです。

長時間背負っても疲れづらい

カメラバッグで大切なのはどれだけ収納出来るかよりも、長時間背負ってても疲れないか?という点だと思っています。いくらレンズを沢山持って行こうが、それだけカバンは重くなって疲れたら綺麗な景色を撮影する所じゃなくなるでしょう。

特に僕は座りがちな仕事のために腰が弱くて痛くなりやすい。しかしこのカバンは、背中に3つのクッションがついてるので、背中とカバンの隙間が無く疲れないように背負う事ができるんですよ。

これのおかげです。

カメラバッグを知らない昔、23歳頃にオロビアンコの1万8千円するリュックにレンズや着替えを入れて使ってましたが、クッションは付いておらず肩や背中への負担が強くて腰が痛くなりやすかった…。 よくこんなカバンを使っていたよな…。

背負ってみた図

背負ったらどのように見えるのか写真も載せておきました。

横からの写真を見ると分かりますが、パッドがぴっちり背中に当たってギュッとカバンを背負えているので体への余計な負担が少なく体が痛くなりづらいんです。肩から胸に回ってくるショルダーストラップ部分も生地が厚めなので背負いやすいです。

二宮金次郎並みに綺麗にカバンを背負ってるように見えるんだけど、どうでしょうか。

三脚はしっかり固定されますが、体から横に出っ張るので何かにあたりそうで気をつかいます。人ごみに行く時は注意したほうがいいですよ。僕は妻に当たり怒られました。

K&F Conceptのカメラバッグまとめ

デザインも僕好みで自分が使っているα6000とレンズ数個にパソコンを持って気軽に旅行するのに使えるカメラバッグ。仕切りを取ればジムに行く時にシューズに着替えを入れて行けるし、カジュアルデザインなので普段づかいとして街中に背負っていくのもありです。

去年買ったカメラバッグにも満足していたが、街中に背負えるデザインではなくてやはり旅行用としてしか使っていなかったが、これはオールグランダーとしてどんな時にも使えるリュックです。

今まで、街中をぷらっと出歩く時は気になったものをiphoneで撮影して家でブログ記事を書く作業をしていましたが、これからは仕事道具一式を詰め込みカフェで作業するのも悪く無いと思いましたよ。大都会東京ではいつ震災が起きるか分からないので仕事道具をしまい込み万が一の時に背負って逃げ出した後にも働ける環境を作っておく事もできますね。

値段は¥17,820円で、1ヶ月以内返品可能、1年間だけ保証も付きます。

ではでは、ちょいと撮影にいってきますね^^今のところ難点がみつからないので、使い続けて何かあったらまた追記したいと思います。

コメントを残す