MODOでNIKEシューズ 04 靴ひも作ります〜マグネットが便利。

公開日: : 独学MODOの勉強

140119_nike_making_16

今回は靴紐を作りました。以下過程になります。

まずはポリゴンをエッジ押し出しで紐の流れを作ります。本当はカーブを押し出そうと思ったんですが上手く行きませんでした。
140119_nike_making_02

それに「厚み」を使ったら赤枠部分が変に食い込んだので、これは却下。
140119_nike_making_03

今度はベベルをしてみました。
140119_nike_making_04

食い込みもなく奇麗に厚みが付きましたが、面が張られてないので、
140119_nike_making_05

エッジを選択してブリッジして繋げますが、赤枠部分だけは選択を解除しないとブリッジ出来ませんので気をつけてください。
140119_nike_making_06

奇麗に面が張られました。
140119_nike_making_07

良い感じです。
140119_nike_making_08

上面から見るとちょっと紐の厚みが細いので長くします。エッジの厚み部分なので、この紐のポリゴンの縦部分だけを全部選択して
140119_nike_making_09

アクションセンターからローカルを選択します。
140119_nike_making_10

ローカルを選択してから「R」キーでスケールを選択すると1個だけ厚みが選ばれてますが、そのまま拡大すると全ての厚みが同じ様に変形されます。厚みをつけたらポリゴン移動して紐を靴の形状に沿う様に調整します。(これが結構手間掛かりました。)
140119_nike_making_11

このままだと紐の穴部分に対して紐がちゃんと通ってないので、ポリゴンを調整して穴に入ってる様に形状調整したくなりますが、それをやるとUVが奇麗に展開出来なくなるので、デフォーマーを使おうと思います。
140119_nike_making_13

「セットアップ」タブを選択して、左縦列の「デフォーマー」を選びます。で、変形させたいオブジェクトのここでいうと紐を選び、左縦列の「マグネット」を選択します。マグネットはポリゴンオブジェクトをすぼませる効果があるので、紐を部分的にすぼませるのに適しています。中心軸に球上の丸い物が出来るので、それを変形させたい箇所に移動させると効果が分かります。大きさによって影響力が違うので調整してください。
140119_nike_making_14

僕はこんな感じに適用させてみました。ちなみにこのデフォーマーコピペ出来ないので1つ1つ作成して使いました。
140119_nike_making_15

デフォーマーを使う利点としてはポリゴン自体は形状が崩れてないので、UV展開が非常に楽なのと、後でリテイクが何度も効くのが良い所です。UVピーラーでぱぱっと展開出来ました。後で紐は蝶蝶結びにする予定。
140119_nike_making_17

第一弾となるMODOの書籍が沢山売れる事が分かると次々書籍が発売されそうですね。楽しみです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントお願いします^^

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • face_smile_small管理人ゆーすけについてはこちらから読んでください。お問い合わせはこちらからお願いします。

PAGE TOP ↑