今更やめられない…という現状維持が不幸を招く。


漫画インベスターZ18巻で子供の学費を貯めるために支出を減らす母親が、いっその事保険も解約したら?というアドバイスに


「今さらやめられない」という言葉が出ていました。


しかし毎月の掛金に対して本当に病気になり死亡する事があるのでしょうか?厚生労働省の人口動態統計月報年計H27年の死因順位を見てみると、15歳から~39歳で一番の多いのが



自殺
なんですよ。


将来が不安だから保険に入る前に、毎日遅くまで働き精神が崩壊しそうな仕事を辞めて保険を解約した方がよっぽど死ぬ確率が減りそうな気がします。コンビニ弁当ばかり食べて不規則な生活をしていたら自殺か病気になって死んでしまいます。僕も毎月5千円の保険に入ってましたが、1年で計算したら6万円。そのお金で旅行に行きリフレッシュした方がよっぽど長生き出来ると思うので解約しました。保険に入る人って何だか良くわからないけど”将来が不安”だからとりえあず入ってる人が多いと思う。知り合いに万が一の為に毎月何万円も払ってる人がいますが、そのせいで毎月の生活がキツキツになってたら本末転倒。保険代を払う為に一生懸命働き、病気になってお金をもらって意味があるんでしょうか?




スポンサードリンク


せっかくここまでやったんだから。

保険だけではなく、仕事でも同じ事が言えそうです。せっかく何年も続けたんだから、せっかく徐々に出来るようになってきたんだから、今の会社は辞めたいけど、とりえあず惰性で働いてる人。


やりたくもない仕事を毎日我慢していつかは報わえる日が来るんだと、長年働いた勲章を胸に毎日少ないお給料でブーブ言いながら暮らす事が幸せなんでしょうか。今更転職しようにも年齢が邪魔をしてどこにも行く宛がないと、今の会社にしがみ続けていつかは振り落とされるその前に、自分が本当にやりたいと思える仕事を見つけ出したのなら、目先のお給料とボーナスに惑わされないで飛び込んで見る勇気が必要だと思います。転職するにも労力がいるし、新しい環境で馴染みそこでやっていけるのかリスクが大きい。それなら今のまま我慢して働いてたほうがいいと思ってしまう。だからこそ、行動出来た人だけが良い待遇で働ける確率が高くなるんですよ。


時代が変われば仕事が変わる。その都度、臨機応援に対応出来る人間になりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。