病気が心配で保険会社に入るならブログをやったほうがいい。

161118_blog

昔はどんなに辛い仕事でも、”嫌な事があっても命まで取られる事は無いから大丈夫だよ。”と言われて、なるほどね!と思ったけど、


椅子に座りっぱなしで運動もせず、毎日納期に追われて、やべえやべえと寝る事もできないぐらい不安になりながら、胃薬を毎日飲んで、終電近くで帰ってきて、防腐剤一杯のコンビニ弁当を毎日食べてる生活を20年もやってれば、大きな病気にかかって、死んでしまってもおかしくないと思いませんかね?もうすぐ東京で働いて10年になるので、そろそろガタが出て来る頃だと思いますよ。。というかもう出てきてますね。こんな事もあったし。。


体の事を不安にしつつも、不規則な生活で働いてる人ばかりですが、職場に50代現役の人がいないのはなぜだろうかと不思議に思っています。。上に上がれなかった人たちは一体どこで活躍してるんだろうか^^;


どんな仕事でも大変な事は多々ありますが、睡眠時間をしっかりとって、食事に適度な運動をとりつつ働かないとダメだなと思いましたね。そして、そんな時間さえ取らせてくれないブラックな仕事はやめたほうがいいですよ。



スポンサードリンク

会社に牛耳られて生活をするために仕事を辞めるに辞められない。。転職をしようにも、年齢がいってるので再度同じような職業を選んでまた同じ過ちをしてしまう。そんな負のスパイラルからいつでも抜け出せる準備をする為いまこそブログをやるべきだと思うんですよ。


自分の悩みや、これからどうしたいのかを書くだけでもすっきりするし、文章を書き続ければお金が入ってくるようにもなり、それだけで食べていくことが出来るようになるかもしれないんですよ。


僕は会社員として働きながらも、現在はブログで1ヶ月生活出来るぐらいの収入が入ってくるので、変に依存しすぎることなく少しは余裕をもった気持ちで働けています。


さすがにブログ1本で食べていくにはまだまだ不安要素は多いですが、会社が倒産したり、天災が起きたり、病気で会社にいけなくなったとしても、病院でキーボードさえ打てればどうにか働くことは可能なわけですからね。最悪パソコン1つ持って海外に行ったとしてもブログだけで食べていけると思います。


なので、いつ会社に命を狙われてもいいように、すぱっと仕事を辞めれる準備をしています。保険会社に入って働きすぎて死んだ時の労災がおりた所で、死んだ本人使えないとか意味ないですよ。鬱になる程嫌な仕事を続けてお金をもらって本当に意味があるんですかね? 心が死んでるのに働いたお金をどう使うの?


もちろんそんな辛い仕事というネタがあるなら、それをブログに投下すれば面白いブログになる事は間違い無しですけどね^^ 昔の嫌な上司の事は思う存分ブログのネタにしたし、それだけでかなりすっきりしますよ^^ 仕事がやめたい人はとりえず今の心境をブログにすべきです! 

3 件のコメント

  • いつも更新楽しみにしています。
    ちょっと文面から気になってしまったのですが今のお仕事も辞めたいと思っているのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。