せきが止まらない人はリン酸コデイン散を病院でもらってみて。

151114_rinkode_01

僕は風邪を引いて喉を痛めるとそのまま”せき”が長引くことがあります。僕の症状は喉が痒くてイガイガして乾いたせきが何日も続き、仕事に支障が出てるぐらいひどくなります。タンは一切でなく、100日せきと言われる部類かと思います。周りからは体調大丈夫?と声を掛けられますが、風邪は既に治っていて喉がおかしいだけで体調はいたって健全なんですよ。


うがいをしたり、風邪薬を飲んだり、トローチを舐めたりしてましたが一向に改善しなく、寝れないぐらい酷かった時もありましたが、とある時に”リン酸コデイン散”の入った粉薬を病院でもらって飲んでからピターッと止まり、それ以来、無くてはならないものとなりました。


この薬簡単にいえば、喉を良くする薬ではなくて、脳にせきをするな!と司令を送る薬だそうで、僕の場合飲んで直ぐにせきの出る量が減り、朝昼晩、毎日飲めば1周間程でせきが出なくなります。



スポンサードリンク

しかし初めて飲んだ頃は副作用がすごくて、せきが出ない代わりに眠気が半端無くやって来てました。もう眠くて眠くて仕事どころじゃなかったですが、せきが出る度に長年飲んでるので、耐性がついてきたのか眠気があまり出なくなりましたが、その代わりに適度にぼーっとして、ほどよい眠気間が気持ちいいんですよ。中身にはモルヒネの0.001%と凄く薄いのが調合されてるみたいですが、そこまで中毒性はないので大丈夫です。


夜も眠れず、のどにポップコーンのカスでもへばりついてる変な感覚が続いてる人は病院でもらうことをおすすめしますよ。ちなみに院内では通称”リンコデ”と言われてるみたいです。

151114_rinkode_02

急にせきが出始めるので、我が家では沢山のストックがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。