GWに国営ひたち海浜公園に行くには絶対電車がいい理由!

150505_kokueihitatikaihinkouen_04

2015年5月4日にネモフィラが有名な国営ひたち海浜公園へバスで行って来ました。1面青い絨毯と言われるネモフィラは凄く奇麗で、撮影してきた写真はコチラの記事に書きましたが、GWの渋滞のせいでなんと

往復交通時間が約9時間30もかかりました。至福の景色を見る為には長過ぎるバスでの移動…。

これから行く人は絶対電車がいいです!バスより電車!レンタカーより電車!電車で行くべきです!その経緯を書いときました。



スポンサードリンク

場所は公式HPを見てください。

公式HP 国営ひたち海浜公園への行き方
高速バスで国営ひたち海浜公園への行き方


GWにバスでかかった時間

行き:東京駅から朝9時30出発。公園についたのが14:00。

帰り:17:00出発のバスに乗り込み東京駅についたのが22:00


合計移動時間9時間30に対して公園を見た時間たった3時間!


広すぎる公園を楽しむには時間は足りず、激混みすぎて何を食べるにも結構な時間を待つ!30分程並んだ食べ物が売り切れ!


ネモフィラは奇麗だし、広い公園は良かったけど移動時間が長過ぎました。


それでもバスで行こうとしてる人は沢山いましたので↓指定席券とか無く、並んだ順で乗る事になるので、早めに行くべきです。
150505_kokueihitatikaihinkouen_0

バスで行くメリット

・渋滞が無ければ約2時間で到着。
・パーキングエリアでお土産を食べたりできる。
・料金往復で平日¥3800。土日でも4200と電車より安い。
・公園まで直接送ってくれるので楽。

電車で行く場合。

電車で行く場合は勝田駅で降りて、そこからタクシー又はバスで15分程の場所まで移動しなければいけませんが、当たり前に渋滞に全く影響しないので、スケジュールが組み易い。


乗り換え案内を検索すると上野→勝田で片道2時間17分で¥2268 +勝田駅から公園までの料金


150505_kokueihitatikaihinkouen_00000

混雑が予想されるので、指定席で行く場合は快速に乗って行くと


片道1時間20分で¥2268+¥1550(指定席料金)=¥3818 +勝田駅から公園までの料金


150505_kokueihitatikaihinkouen_0000

電車で行くメリット

・時間通りに着く!バスみたいに混雑しない!
・予定通りに計画がたてれる!時間を有効活用出来る!

温かいし、遠出したくなるし、レンタカーもいいなと思うけど、渋滞やばい!!バスにはトイレがついてたけど、自分で運転してて渋滞なったら最悪です!バスより多少高くなりますが、指定席じゃなくとも、これから行こうとしてる人は電車の方が良いと思いますよ!

ちなみにネモフィラの知識として見てたら面白い記事もありました。日本一のネモフィラの丘を撮る

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。