日本人コンセプトアーティストのKOUJI TAJIMAさんが、どのようにして海外で働けるようになったか。

130113_01_koujitajima_01.jpg
これから海外のCG業界で活躍したい方必見!
今や世界で活躍する日本人コンセプトアーティストのKOUJI TAJIMAさんですが、まだ学生だった頃にルーカスフィルムからオファーが来た理由やその為に頑張ってた事など、自分も海外の制作会社で働きたいと思っている学生さんなんかはtwitter上の文章がまとめられた記事が掲載されていましたので、是非とも刺激をもらってください!



スポンサードリンク

ZbrushアーティストKouji Tajima氏のサクセスストーリー
Kouji Tajima’s portfolio
その並々ならぬ努力とセンスで作られた作品達です。


こういうの見ると年老いた自分なんかはもう夢見る事も出来ないのかな〜と思いがちですが、夢に年齢は関係ない。やりたい事をやらないのが一番の失敗。
ちなみにこちらも海外で働きたいと思ってる人には読んでもらいたい北田栄二さんの記事「【CG】 SIGRRAPH ASIA 番外編 自分なりに考える海外就労!」海外で働いてるってなんかかっこいいよね?!と僕も学生の頃なんかは思ってましたし、そういう人は凄い尊敬できると思いますが、漠然と海外で働きたいという考えだけじゃ通用しないよと。日本の会社で通用しない人が海外いって出来る訳がないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。