カフェインを飲み続けたら肩が痛くなった話。

先日久しぶりにカフェインが入っているエナジードリンクを毎日1本ずつぐらい飲んでいたらやる気がでていたのですが、5日間ぐらい連続で飲んでいたら体調が悪くなってきたので、飲むのを2週間ぐらい辞めてから、やっぱり飲みたいな〜とまた飲みだしていたら、朝起きたら左肩が痛くなっていたんですよ。

寝違えたら首が痛くなるはずだけど、なんで肩が痛いのかなと思いながもちょっと気になる程度だったので、その日は数年ぶりに「コーヒー」を飲んでみようとチャレンジしたら、お腹を下してやっぱり受け付けない体だったんだ^^;と分かったんですが、その次の日は前の日よりも左肩がより痛くなっていたので、「あ、これカフェインが原因だ」と気づきました。

思えば数ヶ月前にも同じように肩が痛くなった事があり、あの時もカフェイン飲料を飲んでいたから痛くなった記憶があるんです。

そもそも最近は週2でジムに行き、ランニングして体重もちょっとずつ減ってきて良い感じで運動できてるなと思っていました。いつも同じマシーンを使っていたので体を痛める事もなかったはずなのに今回の事が起きたというのはやはりカフェインが原因。そもそもカフェインを摂取すると、ビギーン!!と自律神経が刺激されて首辺りに力が入って肩が凝ってる感じがしていました。しかし、肩に力が入ってるとはいえ、そこまで気にしていなかったんです。ただし僕は元々カフェインに弱い体質。朝飲んだカフェインで体が硬直して血の流れが悪くなり、急激な肩への痛みとなって現れたんだと思います。

カフェインを飲んで擬似的にテンションを上げても後から疲れが貯まるだけで、カフェインで得たテンションはずっとは続きません。たしかに一時的な眠気覚ましには使えるカフェインですが、僕の体には合わないので2度と飲まないようにしようと思いました。

パソコン作業のせいで体が変に痛いなと思っている人は、動かさない体が原因じゃなくて、毎日飲んでいるカフェインが原因かもしれませんよ?

コメントを残す