年末の楽しみ。兄が自宅でフルコース料理を作ってくれた。



スポンサードリンク

最近の年末は姪っ子二人のいる兄の家に遊びに行くのが恒例行事となっていますが、その晩御飯に毎度作ってくれるのが兄飯。納得いく出来具合じゃなければ捨ててしまうこだわりっぷりで、その腕前はお店で食べてるご飯と遜色なく美味しいんです。

同じ兄弟であるはずの僕の料理と言ったら、大根を煮る事しかできなく、毎日納豆ご飯を食べてる始末です。

料理を作ることの何がそんなに楽しいのか僕には理解ができませんが、僕みたいな作れない人の為に料理ブログを作ってもらいたいけど一向にやってくれる気配がないのが残念です。

僕は最近カニブログを始めて、自分の買って来たカニを喜んで食べてくれる事に喜びを感じるようになりましたが、僕は通販でポチっただけなので、それに比べて自分で作ったご飯を「おいしい」と言いながら食べてくれる事ってそれ以上に嬉しい事なんだろうなぁと思うと羨ましい技術です。

柔らかい牛肉の上に濃厚なフォアグラが乗っているんですよ。これいくらのコース料理ですか。

しめは牛のテールスープで翌朝はこのスープを使ったラーメンも美味しかった。ネギが多くておならが臭くなったけどw

毎年美味しくなっていく兄飯ですが、今年の年末はより一層腕に磨きがかかったご飯を作ってくれるはず。一体どんな美味しい料理が出て来るのか今から楽しみに、今年1年もお仕事を頑張りたいと思います。ご馳走様でした^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。