NEX-6買ったらまず始めに必要な物。保護シートとフラッシュカード。

121229_sony_nex-6_accessory_15.jpg
NEX-6を買ったらまず初めに絶対必要なフラッシュカードと液晶部分を保護するフィルターを買いました。iphoneにはケースもフィルターも付けない派なんですが、さすがに高いお金出して買ってるというのと液晶部分がいつのまにか指紋で見づらくなるのはさすがに耐えられないと思いアマゾンでポチってみました。



スポンサードリンク

カメラを買ったら直ぐに買うべきフラッシュカード。
僕が買ったのはSanDiskのExtremePro32GBこれを買わないとNEX-6の場合カメラ内蔵は1枚しか保存出来てないので直ぐに上書きされます。
121229_sony_nex-6_accessory_12.jpg
サンディスクの現状トップクラスのフラッシュカード。こちらは日本版よりも安いですが、アメリカ版で保証期間が1ヶ月しかついてませんが中身は同じ。僕はヨドバシカメラにて日本語版を購入。

価格が約半分だけど書き込み速度も45MB/sと低くなった同じ容量のフラッシュカード。実際どのくらいの体感速度があるのか検証してみたい。

で、色々ある中このフラッシュメモリーを買った理由

.
●現時点で一番速い95MB/Sという書き込み速度。(データ書き込みを待たなくて良い。ので連写撮影も速い。とは言ってもROWで連写撮影すると10枚程から速度が遅くなりました。カシャシャシャシャ〜10枚ぐらいから・カシャ・カシャ・カシャ・・・といった感じ。
●日本のを購入すると無期限の保証がある事。(普通に使ってて壊れたら交換してくれるみたい。)
●水深1mで最大72時間の耐久性がある。(お酒に酔ってトイレにカメラを落としても大丈夫!)
●-25°~85°の温度差でも動作。(その前にカメラが壊れてしまいそうだけど。)
●最大5mから落下しても、5tトラックにひかれても壊れない。(万が一の為に。)
こちらのSanDiskLabにどのメモリーカードが良いのか分かりやすかったですよ。
NEX-6でのJpeg高画質(FINE)での撮影可能枚数は4979枚。ディズニー行ってもFINEでバッテリー1本使い切って500枚程しか撮影出来なかったので、こんなに容量は要らなかったかもしれません。
121229_sony_nex-6_accessory_16.jpg
RAWだと1839枚。
121229_sony_nex-6_accessory_17.jpg
NEX-6でのwifi機能でjpegファインが1枚何秒でパソコンにバックアップ出来るかが分かれば、フラッシュカードを差しっぱなしで便利だと思うんだけどね。。まだ設定してないので、これはまた後日記事にします。

液晶保護シートを購入。

こちらの写真を見てもらうと分かりますが、液晶部分を少し触っただけなのに指紋の付き方が結構ひどかったのでこれは迷わず注文。
121229_sony_nex-6_accessory_11.jpg

保護シートが単品で入ってると思ったら、ホコリを無くしてきれいに張る為のお助けグッズの、左上の布と、左下にはホコリ除去用のシールが付いてます。
121229_sony_nex-6_accessory_13.jpg
上手く張れるか心配だったので、同じ商品のiphone用プロガードを張ってる動画を見ながらゆっくりやったら、

一切気泡やホコリを入れずに上手にはれました!張るコツとしては、布で液晶部分をとにかく奇麗にしてシールでホコリを1つ残らず取ったら保護シートを端から徐々に張って行きます!ディズニーランドでご飯を食べてる最中に液晶部分にパンケーキのシロップを思いきり付けてしまったけど、これ付けといて良かったと思いましたよ!この保護シートを付けとくと指紋がほとんど付かないので液晶画面が見やすくなるのでおすすめです!
121229_sony_nex-6_accessory_14.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。