デジタルフォト&デザインセミナー行ってきました!

110705_01.jpg
デジタルフォト&デザインセミナー行ってきました!
いつも満員御礼の無料で受けれる最前線で活躍しているフォトグラファーや
レタッチャーのお話が聞けるチャンスとあり、2年前も行きましたが今年も行ってきました!
まあ、業界の人なら誰しもしってる技ぐらいしか見せてくれませんが。。。
詳細は続きをよむからどうぞ!



スポンサードリンク

最初のカメラの話の回は飛ばして「フォートン」さんの4Kによる動画レタッチ術!
これはphotshopで1枚ずつやっているわけではないというデモもあり、
アフターエフェクトとその他ソフトを使っていると濁されて終わり・・・笑
そしてパペットワープで顔を変形するやり方を披露してくれたトッピーさん!
パペットワープってただお花とかを変形させるだけじゃなかったんですね!
しかもスマートオブジェクトを写真にかけてからパペットワープを使うと
目のつけ消しでパペットワープのあり/なしを表現できたりと便利ですよ!
歪みやワープよりも写真の劣化が少ないという事も検証済みだそうですし
なにより再編集を直ぐにできるパペットワープはかなり強力な変形ツールみたいですね!!
そして「CREATURE」さんの登場!
栗山さんのお話方はとってもお上手で分かりやすいですね~
そしてMODOではなくMAXを使い始めたというお話になり
その理由としてはレタッチという短時間で高クオリティの物を提供しなければいけない今、
1からモデリングをするのではなく、海外での3D素材がMAX用が多いからという事でした。
そしてV-rayとMaxでのリアルな絵がすぐに作れるという所にもひかれたとおっしゃっていました。
確かにmodoよりリアルですよね~MAX触った事無いからどんな感じかわかりませんが (笑)
そして気になったのが、以前MODOで作ったと説明されていたシーンがMAXで説明されていた事・・・
MODOより認知度とお金のあるオートデスクが有名なクリーチャーさんのスポンサーになったら
そりゃ売れますよね(笑)
実演の方は2年前と同じ事で新規レイヤーをソフトライトにしてぶらしで描いた部分が明るくなるという事と
夜に見えるライトの起動を描くという実演をしてくれていましたね。
そしてただ単純に見た目だけで作業をしていないという事!
光の起動も累乗になっていくからぼかしを累乗にしていくとか
ちゃんとした根拠を調べてから作業をしているのにびっくりしました。。
あとはディスプレイスメントという言葉をひっきりなしに発言していましたね。
文字などを作るのに今は3Dmaxを多様している様に見えました。
そして海外からきたラッセルブラウンさん!
凄いですね!やってる事はパペットワープの説明だけど、プレゼンの仕方がうまい!
通訳という事で上手くきけるのかな?と思ってましたが、これまた通訳の方がうまい!
ただの通訳という役割じゃなくてちゃんとした相棒という形を作り上げていましたね!
たしかにその機能しってるよ!っていう話をおもしろおかしく説明してくれるんです!
しかもただのお話だけじゃなくちゃんとphotoshopの説明にもなっているんですよ!
ちゃんと重要な所が頭にはいってくるんですから!笑
学校の面白くて授業を好きになってしまう先生と一緒ですね。
是非photoshop学校を設立して頂きたいです!
またラッセルブラウンさんこないかな~笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。