一人暮らしのパスタ作りにこれ便利!電子レンジ12分で作れる「レンジでパスタ」

公開日: : 最終更新日:2013/10/07 購入商品レビュー

120927_03_01_title.jpg
チンするだけで簡単に作れるパスタがお手軽すぎ
僕は週1で欠かさず食べてる夜ご飯があるんですが、それはファミマで売ってる「じっくり煮込んだミートソース」。これが美味しくってね。トマトソースと、コロコロとした食べごたえのあるひき肉が大好きなんですが、先日、パスタの麺は鍋に水をたっぷりと入れて沸騰させなきゃ通常作れないんだけど、500mlの水(ペットボトル1本)とパスタ1人前(100g)を専用のプラスチック容器に入れて、電子レンジで12分間チンするだけで、パスタが作れる商品「レンジでパスタ」があるという事を聞きましてね。僕のお家ではガスコンロを使ってる為、1人前のパスタを作る為に鍋一杯の水を沸騰させる為のガスを使うのは勿体無いと思っていたけど、これなら使える!と思って早速ポチってみましたよ。



スポンサードリンク

こやつが僕の週1回(多い時は2回)のお腹を満たしてくれていた「じっくり煮込んだミートソース」パスタは10分もあれば直ぐに食べれるので、時間の無い時にはかなり使えるし、値段も¥398という安さからついつい手を出してしまう。
120927_03_12.jpg
専用容器に水を入れてチンをすればパスタが出来る!
しかし、僕の経済的理由(アマゾンやら何やらポチりすぎてる最近)から節約する為に購入してみた、「レンジでパスタ」。アマゾンで購入しましたが100均一で似たのが売ってるのでそれでもいいかも。
120927_03_01.jpg


容器は至って普通なタッパみたいな感じですが、
120927_03_04.jpg
水切り線があり
120927_03_05.jpg
この穴に入るパスタの量が1人前分が分かり、パスタを作るのに便利な設計なんだけど、この穴にパスタをギュッギュいれずらく、パスタがポキポキ折れるのが難点。
120927_03_06.jpg
水の量は仕切り線までいれるのが面倒くさいので、1人前の水の量である500mlをクリスタルガイザー1本を入れて作ってます。
120927_03_13.jpg
水を入れたらパスタを入れて、後はこのまま電子レンジにいれます!
120927_03_07.jpg
電子レンジの時間は1人前なら12分!2人前なら15分!鍋で茹でる時間にプラス5分と書いてますが、スパゲッティの袋に記載されてる鍋のゆでる時間なんて一々見てないけど、とりえあず12分でちゃんと麺が茹で上がりますよ。チンしたのに気づかないで30分以上放置してたら麺がやわやわになってしまったので注意してください!当たり前ですが、チンしたら直ぐ食べる!カップラーメンと一緒です!
120927_03_03.jpg
電子レンジでチンする時には、絶対にフタをしてはいけません!僕も最初フタをしてチンしそうになりましたが、説明書を読んで駄目な事に気づきました。電子レンジが汚れてる事にも写真を撮って気づきました。お恥ずかしい。。
120927_03_08.jpg
チンし終えると、フタを付けて、水を切ります!
120927_03_18.jpg
「フアサッ」とこんな具合に茹で上がりました!
120927_03_11.jpg
今回使ったレトルトは「予約でいっぱいの店のボロネーゼ」
120927_03_16.jpg
写真で見ると美味しそうだけど、トマトの酸っぱが強く、チーズを載せすぎてしまったせいかイマイチ美味しくなかった。じっくり煮込んだミートソースの足元に全く及ばない味。
120927_03_17.jpg
ついでに購入したキューピーの「ペペロンチーノ」これは温めないで直ぐにパスタにかけて食べれる仕様で、お手軽な上にかなり美味しく頂けました!ちょっぴり辛いのがいい感じ!
120927_03_15.jpg


このパスタソースですでに4回食べましたが、これはまた買います。時間がかからない、安い、美味いは時間に追われるクリエイターにありがたい!
120927_03_14.jpg

毎日パスタは食べれないけど、時間とお金の節約に1週間で1回ぐらい挟むぐらいなら、簡単に作れる「レンジでパスタ」はかなり使えます!今日はあまり食欲ないから、パスタでいっか。という時も簡単に作れます。後は、このパスタに「じっくり煮込んだミートソース」に匹敵するレトルトソースを探すのみ!会社でも電子レンジさえあれば使えるので、お金の安い駆け出しクリエイターさんには使える商品かと思いますよ!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントお願いします^^

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • face_smile_small管理人ゆーすけについてはこちらから読んでください。お問い合わせはこちらからお願いします。

PAGE TOP ↑