出発編。ゴールデンウィークに北海道旅行へ行くのは早すぎた!2014年5月3日

公開日: : 最終更新日:2014/05/07 旅行 , , ,

140506_hokkaidouryokou_06
ゴールデンウィークの連休である、2014年の5月3~5日と2泊3日で故郷である北海道へ行って来ました。

今回の旅の目的は、日々仕事で疲れた心を癒すのと、実家に帰りたまには親に顔を見せる事。そして北海道の自然を堪能!



スポンサードリンク

1日目 富田ファームで一面お花畑を見たり、青の池を見て、美味しいご飯を食べる。
2日目 小樽観光
3日目 友達の赤ちゃんを見る。東京へ戻る。

というプランを2ヶ月前から考えて、事前にJET STARでチケットを購入しときました。購入価格は往復で¥30720です。数日前にチケットを取ろうとしたら数倍値段が跳ね上がるので、旅行は計画的に行かないと、とっても損をします。

旅行前は早く寝る事。

自宅を朝4時に出て東京初のバスに乗り成田空港へ6:20着。そこからJET STAR7:40発で新千歳空港に9:20着で行きました。旅行へ行く時はいつもバタバタして朝が早いのに寝る時間が遅くなり、睡眠不足で旅行中眠たく、早くホテルに戻りたい。。というパターンが多いのですが、今回は前日22:00に寝て6時間睡眠+バス+飛行機の中での睡眠を取ったので、寝不足にならずに旅行を楽しめました。1時間でも余分に寝る事。これやっとくだけで旅行が何倍も楽しめます。

3日レンタルで¥10900 バジェットレンタカーでレンタル。

新千歳空港へ付くと、早速レンタカーを借りるため空港内のバジェットレンタカー受付カウンターへ行き、レンタルする車が置いてるバジェットレンタカーのお店まで、約10分ぐらいで送ってもらいました。初めてバジェットレンタカーで借りましたが、新千歳空港内の店員さんの対応も、車を借りる際に案内してくれた受付の方も大変親切で分かりやすかったですが、それ以上に

140506_hokkaidouryokou_00

レンタルした車がピカピカのワゴンR。車をレンタルする時は傷が無いか、車の外装をチェックしますが、細かい傷が1つも無く、傷をつけたら直に分かるぐらいピカピカなのが逆にプレッシャーでしたが、事故も傷をつける事も無く無事に運転してきました。奇麗な車内で非常に満足度の高いレンタカー屋さんでした。むしろ僕はちょっと汚れてるぐらいの車が丁度良かったです。
140506_hokkaidouryokou_01沖縄旅行へ行ったぶりのレンタカーだったので、ミラーの位置を自分のみやすい位置にもってくる事と、ウィンカーにライトの出し方を忘れてました。夜じゃなくてもトンネルに入る事があったので、ライトどこだっけ?!とパニックを起こさないように、これらを発車する前に確認しとくとスムーズに運転出来ます。

ナビって本当に便利な物ですよね。道に迷うのも旅かもしれませんが、これのお陰で全く道に迷わなかった。
140506_hokkaidouryokou_02

レンタカー屋さんから富田ファームへ向かう道中何も無い!

温かくなってきたので北海道も緑豊かな木々があって、その中を春のあたたかな風が包んでくれてるドライブを想像してましたが、まだまだ冬でした。富田ファームへ向かう最中の木々は枯れてて山はスカスカ。雪残る山を見て北海道らしさは確かにあったけど、
140506_hokkaidouryokou_05

ずーっと白樺の木々があるぐらいで、特に目新しい風景は無く、千葉の田舎の方面でも見れそうな景色が永遠と続くだけ。沖縄の青い海を横目に見ながら走るドライブの方が気分がウキウキする方が僕は大好き。話を聞くと、やはり7月あたりから〜紅葉が見時らしいです。どうやら来るのが早すぎたみたいです。
140506_hokkaidouryokou_04

たまに動物注意の看板がありますが、北海道に住んでる時も自然の動物を見た事が無いですよ。これって本当にでてくるのかな?
140506_hokkaidouryokou_03

出発編を終えて。

車をレンタルした時はその車の使い方を調べる事。
ゴールデンウィークに北海道へ来るのは早すぎた!本当に早すぎた。。

この後、富田ファームへつくも散々な結果がまってました。GWは北海道以外の場所へ旅行へ行った方が絶対に良いという事が今回の旅で分かります。

何この漫画。北海道民にルールなんてあったの?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントお願いします^^

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • face_smile_small管理人ゆーすけについてはこちらから読んでください。お問い合わせはこちらからお願いします。

PAGE TOP ↑