Zbrushユーザー必見!!とっても丁寧にハードサーフェスキャラを12時間掛けて作るチュートリアル動画!

公開日: : 最終更新日:2014/04/15 メイキング映像

140404_zbrush_00

ちょっと待って!買わないでその英語版のzbrushのチュートリアル動画!高いでしょ?中身がどうか不安でしょ?でもこちらのBen DouglasさんがZbrushを使ってハードサーフェースを作る無料チュートリアルはこんなにボリューミーでいいの?!という動画なんですよ!無料なのに!まずはこちらを見て勉強してからその動画を買って見てはどうでしょう?



スポンサードリンク

Ben Douglasさんは3Dを制作するのに高いお金を払ってチュートリアル動画を見るのにうんざりしたし、ハイスピードモデリングもユーザーの事を考えて作っていない動画なので、だったら自分でユーザ目線の良い動画を作ろう!という事でyoutubeにメイキング動画を沢山作ろうと思い立ったようですよ!

素晴らしすぎます!! Thanks you mr. Ben Douglas!! i love you !!!!これでちょっとは僕の思いが届けばいいけど。

うむうむ。日本語書籍を読むのもいいけど、やっぱりかっこいい作品をどのように作ってるのか、その手順を真似る事によって、自分の知らない技術を盗み、作業効率を良くして行く事が仕事をしていく上で大切な事ですよね!プロのテクをドンドン盗みましょう!

頑張れば頑張った分は自分に全て跳ね返ってきます!!さぼればさぼる程、頑張った人と差が出るのは当たり前ですね。

ではでは全部で合計12.25時間とボリューミーすぎて英語なので眠く、挫折しかねないですが、頑張っていきましょ!!

part1

球体から作成スタート!
140404_zbrush_01

1時間20分で全体像を完成!
140404_zbrush_02

part2

頭部分をリトポして形状を作り込んでます。
140404_zbrush_03こんな感じでハードエッジになりました!
140404_zbrush_04

part3

首回りも丁寧に作り込んで
140404_zbrush_05ほぼ全体のおおまかなモデリングが完成!素晴らしい!!
140404_zbrush_06

part4

シワやネジ部分等の細かい装飾を作ってモデリング終了!すげー!
140404_zbrush_07

part5
フォトショップとの連携にnoisemakerを使ってテクスチャを作成~Zbrush上でライティングからフォトショップでコンポジットの完成です!質感設定めっちゃ速い!

140404_zbrush_08

140404_zbrush_09

12時間がんばればこんなかっこいいキャラをつくれるんです!!1日8時間労働だとして2日も経たないで作れるとは素晴らしい!!
140404_zbrush_10

やはり初歩的な事はDVDで知らないとついていけないので、こちらのDVDを僕は買いましたよ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントお願いします^^

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • face_smile_small管理人ゆーすけについてはこちらから読んでください。お問い合わせはこちらからお願いします。

PAGE TOP ↑