とにかく絵がうまくなりたい!!ので、 書籍「スーパー鉛筆デッサン」を4冊購入!

120122_03_01_title.jpg
あ〜なぜこんなに絵が下手くそなのか「過去トップ画像」を見てもらうと分かりますが、
げんなりしてきちゃいますね。。
海外サイトのお上手な人の絵を真似てphotoshopで描いてみても
やはりなんか違うんですよね。。立体感が全くないし、光の当たり方も下手!
という事で色々調べてamazonで発売されてる「スーパー鉛筆デッサン」シリーズ4冊を
まとめて注文して自分への投資をしてみました!身銭を切らないと頑張らないですから!
続きからどうぞ!



スポンサードリンク

こちらの本はタイトルの通り左から「基本のワザ」「基本のコツ」「基本の基本」「基本の一歩」と
全て基本を学ぶのに的した情報が掲載されています!
例えば食パン一個描くのにただ部屋に置いて見えるようにデッサンするのではなく、
デッサンする前にパンを何処におけば立体感の出るライティングになるかを考えてなければいけなかったり、
丸いものだからといってもただのらせん描きではダメで、「四角く描いて丸くする」、
簡単な卵の書き方から人物のデッサン方法、道具の使い方、空間の描き方と
初心者の僕にはとってもうってつけの本だと思います!事例で掲載されている作品も
大きく画像が掲載されているので、それを見ているだけでもやる気を刺激されます!
実際に絵を描いてこの本を読んで繰り返して自分の絵のクオリティをアップしていければと思います!
120122_03_05.jpg
このためにmarumanのスケッチブックも購入!質感はザラザラしています!
120122_03_04.jpg
現在使っているSTAEDLERの鉛筆。練り消しは本にも使い方が掲載されていますが、
普通の消しゴムだとカスがでるし、ハイライトをいれる時など特に重宝しています!使いやすい!
120122_03_02.jpg
ヘタレ度★★★★★
去年の11月頃にこの本を買ってから描いた第1作「ペットボトル」です。
特にペットボトル底部分の立体感の無さが伺えます。ペットボトルは水がはいってると
屈折をして、透けている反対側を描くのにも苦労しました。というか描けてない。
背景も地面もちゃんと描けてないから空気感も無いし、そこにペットボトルがある様にみえない。
下半分段になってる部分も立体感がまったくない。ダメダメな処女作です。
今年の12月頃には上手になっていたい!
(今後はヘタレ度を分かりやすく★5個でつけていきたいと思います。)
120122_03_03.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。