仕事を辞めたのでワークポートに登録して実際に行って来た感想を書きました。



スポンサードリンク


仕事を辞めて有休消化をスタートして1日目にして、早くも会社で働かないとやばいんじゃないか?という、弱い自分とご対面。


そもそも前の職場を辞めた一番の理由は残業時間の多さ。これに限るんです。


毎日朝10時から夜22時~23時が当たり前だったのでせめて19時退社をしたい。1日1時間の残業をしても多くて20時間ぐらいがいい。


多くの人は転職活動もせずどこの会社に行っても大体おなじだよね?と諦めながらイヤイヤ現状で働いている人が多い。


しかし、残業が少なく定時に帰れる仕事がきっと何処かにあるはず。


可愛い女の子と付き合いたいなら、場数を踏むのと同じで、自分から行動しないで良い職場がみつけられる訳がない。


ならばと、求人サイトを見るよりも、手っ取り早く自分のスキルと履歴書、どんな人を求めてるのか自分にあった仕事を紹介してくれる前から気になってたワークポートに登録して大崎支店に行って仕事を紹介してきてもらいました。


ワークポートに登録


公式サイト ワークポート

まずはワークポート公式サイトから登録しました。



応募フォームは住所も書かなくていいの30秒ぐらいで書き終わります。



登録完了すると自動返信メールが来ます。



9時間後に予約のメールが届いた。


僕は土曜日のお昼に登録して夜の21時頃に訪問日を予約する自動メールが届きました。



平日はがら空き。


ネット・電話・ライン・から好きなのを選んで予約出来ます。僕は電話するのが面倒だったので、面談予約システムからオンラインで予約しました。

・面談予約システム ネット上で空いてる時間を選ぶ
・電話予約 電話をして予約する
・LINE予約 ラインに登録して連絡を取り合う



登録した名前とメールアドレスを入力すると、



専用の予約ページが出るので、ここから◯か△を選び予約します。



皆土日に働きながらこっそり就活してる。


これを見ると分かりますが、土日の予約が凄い事になっています。

逆に平日は全て空いてる…。担当してもらった人に前職の会社名を言ったら、「来ていただいてますよ」と言っていたので、皆働きながら良い会社がどこかにないのか皆活動しているんだなというのが分かりました..。まさか仕事を辞めないと言っていたあの人も…「テスト前に勉強なんて全然してないよ!」というパターンですね^^;



家を借りるのも1年前ぐらいから足を運んで、色々見て納得する場所を決めるのに、仕事となると辞めてから行動する人が多くいますが、働いてる最中に何かいい仕事が無いのか聞きに来るだけでもいいんですよね。いくら能力のある人でも、その時に働きたい職場が無くては転職できませんからね。



自分が働きたい会社を選ぶには早めの行動が一番です!


引っ越しをする時は良い物件がないかな〜と毎日のように探しますが、それと同じで、早く行動した人だけが良い会社で働ける。行動が遅ければブラック企業で働くしか無い。


だから行動をしない人は、とりえあず目先の会社に入って社蓄として踏ん張るしか無いんですよね。かわいそうに…。


登録完了メールが来るので大崎に行く


行く日にちを決めたら時間通り大崎に行きます。



ワークポートは手ぶらでOK!


どんな服装で行けば良いんだろう?何か必要な物はないのかなと思ってましたが、

どんな仕事をしたいのか話をする時なので、服装は黒いパンツにT-シャツで。ポートフォリオを持って行きましたが、後日PDFかデータ便で送ればいいので手ぶらでOKでした。重たいMacBook Proを持っていく必要がなかったです^^;


大崎駅で降りてからの行き方はこちらの地図を見ると簡単に行けます。



ビルがデカくてすごくリッチ。


5分程歩くと見えてきたワークポートの入ってるビルがデカくてとっても綺麗!!周りはオフィス街で皆スーツを着てバリバリ仕事をしているという印象。

通った時にはイケメンと美人な人が多くて、エレベーターに乗るのにちょっと緊張してしまいました^^;



WORK PORT到着!!9階で受付を済ませます。


ワークポートの入ってる階は9階です。到着すると目の前にあるipadで担当の人の名前をタッチします。以前は受付嬢がいたんですが、経費削減の為いなくなってしまったそうです。経費削減いいですよね。時代の流れにのっています。



キャラクターの書かれた等身大パネルも発見。直ぐに担当の人が来て、個別のお部屋に案内してもらいました。

にしてもすごく綺麗なロビーです..。高級ホテルみたいな特別な気分になります。むしろここで働きたい^^;



ワークポートでの仕事の紹介の進め方



部屋に案内され、今回僕の担当となる方は25歳ぐらいの若い男性。目を見て話をしてくれるので真面目な印象で、話慣れてる感じがします。大体1時間30ほどの時間が拘束されました。



・まずは今までの経歴を説明。
・退職日を伝えます
・勤務したい場所を伝えて
・働きたい業種を伝えて
・前職の年収を伝えます。


それらをヒアリングした担当の方が席を外して10分程で求人を探してくれます。


もってきた求人数10社!

僕の要件を満たしていそうな求人10社持ってきてくれました。とりえあず全てに目を通すのではなく、持ち帰り家でじっくり見てねと言われます。



ワークポートは正社員のみ

ワークポートは基本的に正社員の仕事しか紹介していなく派遣事業は一切やっていません。数%業務委託があるそうですが、実力がない限り不可能だそうです。

正社員になりたいけど、派遣専門エージェントに登録してしまい、紹介予定派遣で会社を紹介してもらう必要もありません。ワークポートでお願いすれば最初から正社員で働けます。

派遣でも頑張れば正社員になれますよ!」なんていう言葉に騙されなくてすみます。


ワークポートの良いところ


ざざっと書いてみました。


・求人サイトに掲載されてない求人が載っている!
・履歴書送付から、面接日、給料交渉など全ての連絡を企業とやり取りしてくれる!
・履歴書・職務経歴書のチェックをしてくれる!
・履歴書・職務経歴書のテンプレートをくれる!
・長く働いてもらいたいので付き合いのある企業なら裏話を聞ける!
・落ちても直ぐに次の求人を紹介してくれる!
・正社員限定の仕事のみ!


一言で言って、面倒な手続きを全て無料でやってくれる。
ありがたい!!


普通なら自分ひとりでこの会社どうかな〜自分に向いてるかな〜と求人サイトを探して1社1社連絡しますが、それらを全て一括でやってくれるんですよ!僕は前にも数社同じような人材紹介サービスを使ったことがありますが、その時も非常に転職が楽だった。例え第一希望が自分で探してる企業があっても、落ちた時の保険として別の会社に就職するために使っても大丈夫なんですよ。そもそも、面接をしてみないと、どんな人が働いてて自分と合うのかなんて分からないですからね。


転職で困った事をいつでも相談出来る!


もしも落ちてしまっても直ぐに「次の求人に応募しましょう!」と担当の人が活を入れてくれるので深く落ち込まない!これ1人で転職活動やってた時は、1社落ちただけで、社会から不必要な人間と言われてるようで1周間は寝込みましたからね …。就職活動を上手くいつも勧められないという人は一度客観的に何がいけないのか見てもらったほうがいいと思いますよ。

面接で落ちる時は、その人がいけないのか、ポートフォリオがいけないのか、何がいけないのか分からず不採用と言われるだけですが、エージェントは何が駄目なのか転職のプロなので指摘してくれるので、改善すれば仕事が見つかるはずです!

地方から東京にでてきて右も左も分からずそれでも仕事を見つけたいという人にもおすすめですね。自分一人で見つけるとなると、時間が掛かって大変ですが、その転職をサポートしてくれるんです。



専用サイトでいつでも連絡、求人を見れる。



ワークポートでは来社するとeコンシェルという独自のサイトがあって、そのサイト内で担当の人と連絡をしたり、求人をみたり、仕事の新着具合をいつでもiphoneやパソコンから確認する事が出来て、担当の人からメッセージが来ると最初に登録したメールアドレスに連絡が来ます。


専用サイトを一々開いて面倒くさいと思いますが、使い勝手は非常に見やすく作られているので、便利。


仕事も一覧で見られて、”応募したい”ボタンを押せば担当コンシェルの人に連絡が行くようになっています。



担当コンシェルを変更する事も出来る。




アカウント管理から担当の人と相性が合わないなと思ったら、変更する事が出来ます。新人さんぽくてあまり頼りがいが無さそう..。言ってる事が伝わらない…と思う人は遠慮なく変更依頼を押したほうが良いと思います。僕の担当の人はいい人そうなのでとりあえず続行。


で、帰宅しました。



以上の話が終わって帰宅しましたが、まず最初にやることは


・履歴書と職務経歴書を担当者に送る


家に帰ってきたら、今日担当してくれた人に自分の履歴書と職務経歴書を送ります。これも書いた履歴書がそのまま企業に行くことは無く、もっと”こう書き直したほうが良いよ”とアドバイスをもらい修正して再度担当の人に見てもらい、求人を選んで応募する事になるので、一人で適当に履歴書を書くよりも格段に受かる確率がアップするんです。


職務経歴書の書き方としてアドバイスをもらったのが、”周りの人からどのような人と言われているか?“を書くべきだと言ってました。あなたの口コミどれだけいいの?という事です。これって作り話でいくらでも書けちゃいますが、嘘を書いて受かった所で結局苦労する事になると思うので、本当の事を書いたほうがお互の為ですね。


求人だけを見ていても、早く応募しないとほかの人に先を越されて仕事が無くなってしまい、人の入れ替わりの激しいブラック企業しか残らなくなる可能性があります。仕事を辞めてから探せばいいと思ってるのは大きな間違いで、土日にもサポートをしているので常に仕事を探している人はやっぱり良い職場で働けてるみたいです。


ワークポートのある地域


ワークポートは東京・横浜・名古屋・大阪・福岡にあります。今の職場に不満で転職を考えてる人は是非相談してみると良いと思いますよ。



で、30歳という重荷をしょった僕の転職活動..。今後どうなるか続報も書いていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。