気分が落ちるときは予測できる。漫画うつぬけを読んだ感想


誰でも気分が落ち込む時がある。朝からやる気が出なく仕事に行きたくない。。しかし、納期はまってくれないので仕事を頑張らなければいけない。


やる気をだそうと思うもやる気は出ずに、早く1日が過ぎ去ってくれないかなと思うばかり。。そんな日に限ってミスも続いて仕事を辞めたくなる。。ああ、なんてダメな自分なんだと気が落ち込みなにも手につかなくなる。。


バリバリと仕事をこなせる人はどこか自分と違う人間かのようで、元気の出ない自分を嫌いになる事もある。


漫画うつぬけでは、仕事をバリバリとやって楽しいと思ってる人でも鬱になったり、責任感が重くて鬱になった人、仕事を辞めてから鬱になってしまった人など色々な事例を読んで鬱になった経緯と脱出できた方法が書かれていますが、そこでわかった1つの事。




スポンサードリンク

落ち込む日もあるよね!と思うことが大切!

“気分が下がる時は誰にでも来るので、大丈夫”それを大げさに捉えて余計落ち込むのではなく、”ああ、こんな日もあるよね”ぐらいで、やる気のでない日に無理に頑張ろうとせずに”今日はそういう気分の日なんだ”と気持ちを入れ替える事が大切という事を教えてくれます。

不安という言葉を擬態化したキャラクターを作ればヒットするかもしれませんね!

鬱は天気によっても左右される

気温の変化が激しい3,5,11月は病気になりやすいだけじゃなく気分が落ち込みやすい季節。この事を知っていれば、仕事も何もやる気がおきないな〜と思う時に無理に頑張ろうとしなくても良いという事がわかりますね!


毎日仕事を完璧にこなそうとするのではなく、集中するところと抜くところを適度に入れて全体で平均点を取っていく。1時間集中したら10分休憩を取り入れていく。そもそも人間の集中力なんて仕事中ずっと続くわけがないんですよね。


まじめで責任感の強い人ほど鬱になりやすい傾向にあるそうですが、仕事なんて人生のごく一部で一番大切な事じゃないでしょう?今日1日ミスをしても、明日明後日、長い目で徐々に成長していけたら良いと思います^^僕もサイト作りを頑張らないと。


うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。