アフリエイトの確定申告を税理士さんへお願いしてきた。

公開日: : 最終更新日:2017/02/19 お金のこと, アフリエイトのこと ,


こんにちわ。ゆーすけです。去年稼いだアフリエイトの合計金額が600万円ほどあると判明したので、確定申告で納める税金にびくついています….。


今まで適当に白色申告でおおざっぱに申告していたのですが、そろそろヤバイ(前からヤバイ)と思ったので、税理士さんにどうすればいいのかお話を聞いてみる事にしたんですよ。


結論から言って、白色申告を税理士さんに手伝ってもらう事になりました。

青色申告は届け出が必要なので手続きが遅くなりすでに不可能なので、白色申告だと税理士さんにお願いするより自分でやったほうがお金がかからずにお得に済みますよと言われました。


しかし本を買ったりネットで読んだり会計ソフトのfreeに登録してみたりしたのですが、




「どこまで経費にできて、どこまでダメで、何があってるのかいまいち分からない・・・」




税務署で聞いた所でイマイチ分からない過去の思い出。

売上と経費をメモったものを税務署に持って行けば、「ここにこれを書いて」と教えてくれるおじさんが沢山いるけど、確定申告をする人が膨大にいるので、適当にしか質問に答えてくれず、アフリエイトの話をしても「多分それでいいと思うよ」としか言ってくれずに、アルバイトで雇われた不愛想な学生らしき男の子には「納税額が表示されるけど、これで本当にあってるの・・・?」と聞いた所で、「そうですね。」の一点張りで詳しくは教えてくれない・・・。


ある時は新卒の20代の女の子が担当になって「ちょっと上司に聞いてきます。えっと。。ちょっと上司に聞いてきますね」「会社にばれたくない場合はここにチェックいれないとダメなんですよね?」と聞いたら、「あーそうですね・・・….ちょっと上司に聞いてきます…」と新人さんなのでしょうがないが、それで間違われてお金を多くはらった僕はどうなるの…?と不安になった事もありました。

最後の最後まで何か間違いがあっても分からないし誰も教えてくれない確定申告。もしかすると多く納税していたとしても、本当にそれであってるのか分からないんですよ..。


しかし今回は600万円。本業と合わせると納税額が跳ね上がる。このままネットと本の情報を頼りにとりえあず入力する事には不安しかないので税理士さんに話を聞きいて、


・それが適切な納税額なのか?
・もっと税金を抑えれる方法があるのか?


これらを勉強したいから適当にすませるのではなく、税理士さんにお願いする事にしました。



スポンサードリンク

お話を聞いてきた結果。

・今年は白色申告で提出する。
・2017年分の青色申告は税理士さんが申請してくれるので来年は青色申告で提出できる。
・やよいの青色申告ソフトを買ってそれに経費などを自分で全て入力する。
・最初は事務所で何をどう入力するのかを教えてくれる。
・家で全て入力したらデータを渡して間違いがないかチェックしてくれる。
・何が経費で税金対策になるか質問できる
・激混みの税務署に行かなくて済む。
・税理士のハンコが押されてると調査が入りづらくなる。


 気になる値段は8万円ですが、プロの目が入る事により間違って確定申告しなくなり、「曖昧な計算で、多く払いすぎて損をしたかも・・・」という変な不安がなくなり、後々は確定申告を自分一人でも出来るようになったら良いなと思っています。この季節は毎度不安になるが今年は乗り切れるはずです!


ちなみに僕がお話を聞いてきた税理士さんは話しやすくてとても人柄の良い人でした。無理に契約を取ろうともせずに、白色だったら自分でやったほうが良いよとアドバイスをもらって終わる所でしたが、自分一人じゃ無理だと思っていたのでお願いできてよかったです。


とりえあずやよいの青色申告をアマゾン買いましたがレビューが荒れてるけど使いやすいのか少々不安^^;

基本的な使い方を勉強します。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントお願いします^^

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • face_smile_small管理人ゆーすけについてはこちらから読んでください。お問い合わせはこちらからお願いします。

PAGE TOP ↑