千葉の海へいくなら青いお魚沢山のシュノーケルが楽しいプライベートビーチを教えます。


本当は人に言いたくない場所ですが・・・。


2016年8月に千葉旅行を兼ねて洲崎海岸へ行ってきました。何でもネットの情報だけだと調べてもここまでの道のりが全然載っていなかったので、詳しく行き方を調べてきましたよ。沖ノ島も行きましたが、そこよりもプライベート感があり青いお魚が沢山いるのでシュノーケルにもってこいの場所でした。彼女からは記事を書いたら人が多くなって困ると散々怒られましたが、今のうちにメモってください!


洲崎海岸がおすすめの理由

場所が非常に分かりづらいので、人がほとんどいなくて、砂浜のある小さなプライベートビーチ。僕が行った時も数組しかいなくて海はほぼ独占状態で楽しめました。写真をみてこのプライベートを感じ取ってもらいたい。次はテント持参でゆっくりしたいです。


160826_tiba_private_beach_03


透き通った海に青い魚が沢山いる!


沖縄の海も顔負けの青い魚が沢山います。かなり透き通っていて、水中カメラが楽しかった。言葉なんかよりも写真を見てよ。


160826_tiba_private_beach_09

もちろん、お魚と撮影するならウィンナー持参は必須。指で細かくちぎってあげましょ。

160826_tiba_private_beach_19

パクパクと群がる沢山の青い魚!

160826_tiba_private_beach_10

そこら中にいるのでシュノーケルが面白い!

160826_tiba_private_beach_12

お食べお食べ〜♪

160826_tiba_private_beach_13

ウジャウジャです!

160826_tiba_private_beach_17

青い魚の他に黄色いお魚もいました。

160826_tiba_private_beach_21

遊びに疲れたらゆったりプカプカ浮かんだり。

160826_tiba_private_beach_22


千葉の海でも沖縄に行かないでこれだけ青いお魚が沢山いる、しかも人が少ない砂浜のビーチ。カップルでいちゃつくのもあり、家族でテントをはるのもありな場所なんです。注意してもらいたいのは、ちゃんとしたビーチではなく、あくまで秘境なので、監視員もいなければ海の家もトイレもありません。コンビニで飲み物を買ってから来たほうがいいですよ


千葉 洲崎海岸への行き方


車じゃないと行けないので、まずは住所が千葉県館山市洲崎137-1のタイムアウトカフェをナビに設定して向かってください。


駐車場

蛇行する坂道を上がってると、

160826_tiba_private_beach_34

左側に無人の駐車場らしき場所があるのでそこに止めます。海岸までは歩いて10分ぐらいかな。海岸付近まで来るまで行くことも出来ますが、漁師さんが車を止める場所なので入るのは止めてください。ここで水着に着替えます。

160826_tiba_private_beach_35

準備をしたらタイムアウトカフェ右側の横道を進みます。

160826_tiba_private_beach_32

右側です。

160826_tiba_private_beach_31

ドンドン下ります。

160826_tiba_private_beach_30

別荘を横目にまだまだ下ります。

160826_tiba_private_beach_28

もう少し下りると

160826_tiba_private_beach_27

左右に別れれるポイントがあるので、これを右へ進みます。前は間違って左に行って何も無かったんだよね^^;

160826_tiba_private_beach_26

グルーッと回って

160826_tiba_private_beach_25

車があって分かりづらいですが、ここから進める道があります、

160826_tiba_private_beach_24

もう少しあるけば

160826_tiba_private_beach_23

天然のシュノーケルが楽しいプライベートビーチに到着です^^ 秘境なので人が少なくゆったり遊べるんですよ。この記事を書いて人が沢山の有名スポットになったら有料記事にしておこうっと。

160826_tiba_private_beach_01

先日友達に自慢されたGoproが僕も欲しい…。お魚は動画の方がやっぱり面白いんだよね。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。