アフリエイトは接客が不必要。無人のお店なのに物が売れる。

160518_raiten_01


消費者の72%は接客の評判で来店意欲が高まる。


先日読んだ雑誌にでこんな見出しのページがありました。なんでも接客が悪いとその店に2度と足を運びたくなくなると書かれてるんです。確かにいくら美味しい料理をだされようと、接客が悪いと”なんだこの店は”となってお金を払ってるのに不快な気分になる事がありますよね。特にお高いフランス料理を生まれて初めて食べに行った時には、残した料理に対して、何がお気に召さなかったんでしょうか?と何度もしつこく聞かれた時は本当にいらっとしましたよ・・・。言ったから他の物と取り替えてくれるわけでもなく・・・。



しかしブログではそんな無駄な接客も不必要。

お客様一人一人に対応する時間はコストがかかりもったいなく、相手の思うままに読んでもらって気に入った商品を買ってもらうアフリエイトこそが現代のショッピングの仕方。周りの目を気にする事なく、本当に必要だと思える物だけを買う。

160518_raiten_02

洋服店に入り、笑顔でこれがおすすめなんですよ〜と何度も近づいてくるお店なんかには、それだけで嫌気がさす場合もあるんですが、まさにアフリエイトでは相手に嫌気をさされる必要もない。読みたくなければ別ページに移動するだけでいいんです。勧誘なんて一切なく、自由にショッピングができるので、その流れを作ってあげれば売り上げが必然的に伸びていく。

だから、一人でたくさんのお店を建てるようにブログを作って商品が売れれば沢山のお金が入ってくるようになるんですよね。リアルに店舗を持たなくていいからコストもかからない。お店を出して何かを売りたいと考えてる人やマーケティングの勉強をしたいひとは、まずはアフリエイトでどれだけ商品を売るのが難しいのか勉強したらいいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。