新卒1年目は、仕事ができない事に焦って、2年目は新人じゃない事に焦る僕。

160407_sinsotuwakiase

27歳で転職して新しい職場で2年目に突入してます。社会人の皆様より1年先輩なのでちょっと記事にしてみました。

新人1年目。 ちょっとはできると思った仕事が全然できずに、右も左もわからず言われた事をひたすら頑張るのみの1年であっという間に過ぎ去った。辛くて辞めたいと思った時もあったが、のり超えれた時の楽しさ。不安と楽しいが交互に入りみだりなんとかやっていった1年目!



スポンサードリンク

2年目。 1度聞いた事を2度聞かないように頑張り、仕事が出来ない自分を認識したのでひたすら頑張るのみ!仕事が出来ない→やる気が下がる→勉強しない→会社を辞めたい負の連鎖を断つべく、仕事が出来ないので!→勉強する→仕事が出来ない→それでも勉強する!→仕事が少しはできるようになる→楽しくなる→もっと勉強したくなる連鎖を作ろうと必死に頑張っています。

有名な方が言ってましたが、”僕は頭から血が出るくらい考えてる”

という言葉に目からウロコ。何となく頑張っていれば何となくいけるのかな〜と思ってましたが、20歳の新卒時代にもそんな事は今まで一度もなかったな。仕事ができると思い出したのは2年目過ぎぐらいで、毎日遅くまで、それこそ頭がぼーっとしてもう寝たいのに、それでも頑張り続けたら、頭がというよりも、体で覚えた感じの方が強い気がしますが、ぶっ倒れるぐらい頑張ったらやっぱり人って覚えるんだなと身を持って知った20歳の頃の僕。

はい。死に物狂いで寝ないで仕事をしないと自分の物にできないんですよね。。そして一流という人はそのもっと上の次元で頑張ってる人なんですよね。

腰痛持ちで、偏頭痛もって、体がボロボロで、偏食で、頭がおかしくて、ちょっと臭い人。寿命は短くて病気で早死にして、家族に迷惑かけながらも、やりたい事をやっていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。