肩の張りがパンパンだったので1回¥500の整骨院へ行ったらスッキリしました。

公開日: : 男の身だしなみ

160313_seitai


ずっと座って仕事をする職業に肩の凝りは永遠の宿敵!


パソコン仕事を10年ほど続けてますが、年を重ねるごとに肩の凝りがひどくなってるのを実感してるここ最近。

特に転職してからは、納期に仕事を間に合わせる気持ちから無駄に肩に力が入り、肩の張りがひどくて家に帰る頃にはいつもパンパンで張ってる感じがするんですよ。ひどい時は凝りから頭痛も発生しだして、顔の血流も悪いせいか、顔もジャムおじさんみたいにほっぺ部分がパンパンになりだしたので、近所の整骨院へ行ってみました。


整骨院は保健所適用で1回¥500と格安!


素人従業員の手もみんや、都会のマッサージ屋さんは1回数千円する場所が多くて毎週通うには出費が痛いですが、保険適用の街の整骨院は非常に安い場所が多くて、僕が行った場所では初回¥1000で次から¥500のみと激安でした。外見は少しボロくて、おじさん従業員が多いためか、女性は行きたがらない様な見た目の場所ですが、古くからやってるので安心感があるんですよ。基本的に来てるお客さんはおじさん、おばさん、子供が多くて若い人は全然みかけないです。


僕の場合の整骨院メニュー


肩を機械で温めてから、電気治療をして、整体師さんが揉んでくれてから、最後にウォーターベットで体全体を水圧で刺激してくれます。大体1回40分程度で一通りやり終わって外に出る頃には体が軽くなっていて、肩の凝りが和らいでるのがすぐに実感できます。やっぱり人の手で揉んでくれるのは一番気持ちいいですね。


去年は3回程通って、体の調子が良くなったので行かなくなりましたが、やっぱり行かないと悪化したのでまた通い出しましたが、体が軽くなると心も明るくなるので気分もよくなるんですよね。最近元気がでないなーと思う人も、体がスッキリするとやる気が出てくると思います。


座りっぱなしの仕事は徐々に悲鳴をあげてくるので、30代ともなるとメンテナンスが必要になってくる年頃のようです。1日10時間以上も同じ姿勢で座りっぱなしの仕事をしてれば、体に異変が生じてきてもおかしくないですからね。そして30歳から定年退職するのにあと35年間も共存してもらう己の肉体。怪我なく病気をしない為にも、スポーツ選手が体を大切にするのと同じように、座りっぱなしのデスクワーカーも週1回のメンテナンスは必要なんだと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントお願いします^^

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • face_smile_small管理人ゆーすけについてはこちらから読んでください。お問い合わせはこちらからお願いします。

PAGE TOP ↑