はあちゅうさんのネガティブまっしぐらな書籍”半径5メートルの野望”が最高だった!美人はこんなに頑張ってる!

公開日: : 購入商品レビュー

151208_hatyu

まだブログがメジャーじゃない頃から自分の顔を乗せて、クリスマスまでに彼氏つくるブログをやり、ブスと批判を受けて、私よりブスがいると検索したら自分の顔が一番最初に表示されたという、超面白い話を持ってるカリスマブロガーのはあちゅうさんの本”半径5メートルの野望“を読みました。



スポンサードリンク

嫉妬が凄い。

人に嫉妬したり、妬んだり、私は普通の生活で終わりたくないんだ!と、ここまでおおっ広げに強く話してる本は今まで無かったと思います。もう裏表なく全てを話すぎてて面白いんです。女性のどす黒い腹の中全てを覗いちゃってる感じなので、女性に幻想を抱いてる人は見ない方がいいと思いますが、これがリアルな女性ですね^^;


やりたいことがあって、いつのまにか高いところまで来ていたよという本はあれど、私はあなた達と違うのよ!あなた達が出会えない人に出会える人になる為に日々努力して、相手から会ってもらいたいと思える人になるの!という強い思いが心のそこから伝わってきます。貪欲な姿勢に脱帽です!まさに21世紀を歩く強い憧れの女性ですね。

僕もブログで食べていくなら顔出し実名にする

“何かを成し遂げたいと思ったり、目立ちたかったり、人の上に立ちたいと思うくせに、誰からも愛され、批判は受けず、無傷でいたいなんていうのは、虫が良すぎますよね”


もちろん顔出ししないで有名ブロガーの”ちきりんさん”もいますが、僕みたいな貧弱ブログは顔出しする事によって読者が増える事は確実目にみえていると思うし、信頼度がぐんと上がると思います。


しかし言わてる通り、批判が怖いというのが事実だから無名でやってきました。偉そうな事をつらつら書いてるけど、そこまであいつ偉かったっけ?うわべだけの知識で記事を書いてて恥ずかしくないの?実名にすると、あいつこんな事をやってるんだと自分の知らない所で噂になるのが気持ち悪くて怖いからやってないんですよね。


そして一番大きいのが副業禁止と言われてるのにこんな事をやってるのが会社にバレたらクビになるのかなと恐れ入って無名の趣味となっていますが、ブログ一本で食べていく事を決意した日には、リスク覚悟で実名で顔写真もバシバシ乗っけていくブログにしたいと思っています。

美味しいとこだけ食べることなんて出来ない。

“やりたいことをやるために、やらなくてはいけないことをやる”、というのは全世界、どんな人にも共通するルールです。


そうですよ、そう!僕もピクサーやハリウッド映画みたいな3DCG作品を作りたいと転職しましたが、


かっこいい作品を作るためには、何を言ってるのか分からない英語のソフトの使い方をyoutubeの動画をみながら覚えて、動物を作るとなると骨から筋肉のつき方から色々と基礎的な勉強をしてから作らないと、現実的に生きてる生きものを作ることが出来なく、まずは色々な資料探しから始まるので、とっても時間がかかる事なんです。ささっとかっこいい作品ができる事なんてまずありえないんです。


そして仕事中は作業に追われて、勉強できるのは土日となると、遊ぶ時間を削って家に引きこもり切磋琢磨するしかないんです。お酒なんて飲んでる暇ありません。いい作品を作るためには人より頑張らないと行けないんですが、中々それが難しいんですよね^^;

夢を手にいれるのは努力との引き換え!

“「夢を語るくせに頑張りたくはない」という意味不明で厚かましいバカは大嫌いです”


あ〜グサッときますね。ブログをやりたいとか、頑張るとか、お金が欲しいとか言いながら行動出来てない自分に響きます^^;絵が上手くなりたいと言ってても、絵を描かない限りは上手くならないですからね。小学生でもわかるバカっぷりです。

まずは行動せよ!

“行動するよりも、あれこれ悩んでいる時間のほうが長い人の夢は叶いません”


まずは行動!そして行動!完璧なものを作らなくていいから行動して完成させる!最初はそこからスタートですね!仕事にも同じことが言えます。


常に人を妬み嫉妬して、他人と自分を比較して、自分をバカにした人よりも上に行きたい、会えない人に会える人になる為に努力して今やテレビに出るまでなった、はあちゅうさんの人柄が面白くて大好きになった1冊です。まだまだ名言は沢山ありますが、次回作が気になりますね^^サロンにも入ろうかなと思っています!

半径5メートルの野望




  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントお願いします^^

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • face_smile_small管理人ゆーすけについてはこちらから読んでください。お問い合わせはこちらからお願いします。

PAGE TOP ↑