客室3つだけのカップルで来たい大人のリゾートキャンプ。気取らないフレンチpole poleに泊まって来ました!

150821_polepole_30

お盆の8月13日に千葉の一ノ宮にあるpole pole~in the park~ に宿泊してきました。有名店のシェフによる美味しいフレンチに、緑の中にたった3部屋だけの宿泊施設。最高の夏の思い出になりましたよ^^



スポンサードリンク

キャンプと言えば、焚き火にバーベキューを食べて汚いトイレに、お風呂もないコテージに泊まるわけで、今時女子はそんなの無理無理!と口を揃えて言うと思いますが、ここは満足すると思います!

お客さんは少なく、面倒な物はなにもいらない。バーベキューの変わりにフレンチ料理を堪能して、お部屋ではエアコンも完備してるので快適。大きなお風呂で1日の疲れを癒やしてビールを飲むんです。

もちろんリゾートキャンプと大人向けなので家族で来る場所というよりかは、カップルで来る場所です。そのため宿泊にはギャーギャーうるさい10歳未満のお子さん連れは泊まる事が出来ませんが、こういう配慮はとてもありがたいです。

場所

東京駅からだと総武線快速で上総一ノ宮駅まで行き¥1490 そこから徒歩で26分歩き、合計1時間55分で着いちゃいます。僕はレンタカーで行きましたが、海ほたるから行くよりもかなり近いし安いですね^^;

しかし場所が海沿いなだけ、車で走ると気持ちよかったです。波があるのでサーファーが多くてサーフィンショップも沢山ありました。

150821_polepole_76

pole poleに到着

入り口からしてリゾート感溢れますね^^

150821_polepole_02宿泊は3部屋だけなので駐車場もそこまで広くありません。ランチに行く場合も混雑するかもしれませんが、周りは田舎道なので止めるスペースは沢山あります。

150821_polepole_01

緑が多い中、駐車場の左道を進むと、周りが緑に囲まれた、リゾートキャンプ場が見えました。

150821_polepole_03

周りが緑に囲まれた、プライベートキャンプ場のpole poleです!一番左側がレストランで、右側3室が泊まるお部屋になってます。南国にでも来たような建物がオシャレで気分が上がります。

150821_polepole_04

3部屋しかないので、働いてる人も最小人数。僕が見たのは支配人とシェフが2人の計3人だけですが、この支配人さんが凄い良い人なんですよ^^ レストランで受付をすませて直ぐにお部屋を案内してもらいました。

鍵には象さんのお人形がついてます。

150821_polepole_36

pole poleのお部屋

外にイスがあってここでゆったり本を読みながらビールを飲む事も出来ますが、キャンプなので虫が多いのはご愛嬌^^; ここに座る気分にはならなかったです。

150821_polepole_14

座った所で、目の前に見えるのがこんな景色なもので、あまり良い景色ではないんですよね。目の前に海は見えませんが、徒歩15分で海辺に出る事は出来ますよ。

150821_polepole_15

お部屋の中はこんな感じです。壁の白さに木の温もりと、トイレの窓越しから見える緑が印象的なお部屋。まさにリゾート感が漂う室内で、汚いキャンプ場とは大違い。まさに大人なキャンプ。

150821_polepole_05

僕が泊まったのは4人部屋の座敷タイプ。他にベットタイプもありますが、地面で寝るのって気持ちいいんですよね^^お布団は多きくてフカフカした。

150821_polepole_06

反対側から見ると大きな窓が見えますが、室内が丸見えになってしまうので、宿泊者は皆カーテンをずっとしめてましたね。

150821_polepole_07

アメニティ

ポットに虫除けスプレー等が常備されてました。

150821_polepole_08

大きなフカフカ毛布もあります。肌触りが良かったです。

150821_polepole_09

虫除けスプレーは持って来てなかったですが、緑が多いので虫がとても多くて、pole poleに入った途端、蚊に4カ所程刺されましので、早速一番右の虫除けボディスプレーを使いましたよ^^;

150821_polepole_10

ドライヤーは無印の物です。ホテルにあるドライヤーはコンパクトですが風が弱くて髪が乾きづらいのが多いのが残念なんですよね。。これもその1つでした。

150821_polepole_11

ほとんど裸足で歩いてましたので使ってないスリッパ。

150821_polepole_12

お布団には水とタオルに歯ブラシが着いてます。

150821_polepole_16

歯ブラシもホテルによくある固い歯ブラシなのが凄く残念。。

150821_polepole_31

これで歯を磨いた血が出やすいんですよね。。

150821_polepole_32

ロフト

僕の泊まった部屋はロフト付きだったのでせっかくなので2階にも上がってみました

150821_polepole_17

寝るだけのスペースがあるだけで、結構狭いです。

150821_polepole_18

おまけに高さもあるので、高所恐怖症の僕は降りるのが恐かったですよ^^;

150821_polepole_19

お風呂場

室内の目玉はやはり浴室。

ホテルに泊まる時の楽しみと言えば室内のきれいさもありますが、1日の疲れを癒すお風呂も大切な部分です。お風呂場の大きな窓から見える庭の木々。そして白い石造りの大きな浴槽がリゾート感を演出してますね^^

150821_polepole_21

大きな鏡もあります。

150821_polepole_27大人2人が入っても充分な広さの浴槽。水が溜まるのに結構時間がかかります。

150821_polepole_25

洗面台も大きくて使い勝手が良かったです。

150821_polepole_22

お風呂場のアメニティ

ハンドソープにシャンプー、リンス、ボディーソープのブランドは MARKS&WEBでした。オレンジの爽やかな香りがしてとてもいいシャンプーだったので帰って直ぐに買いに行きました。

150821_polepole_28

デザインもばっちり合っててオシャレですね。

150821_polepole_24

台湾で初めて使って気に入ったHIMARK製のシャワーヘッド。真上から水が落ちるので洗い流しやすいんです。家を建てる時がきたら購入したいと思いますよ。

150821_polepole_26 150821_polepole_29

トイレ

キャンプ場にあるトイレは虫がいて臭くて汚いと、今時女子なら拒絶してしまうと思いますが、ここは奇麗な水洗トイレが室内にありますが、ブリブリとウンコをするならお部屋から聞こえてしまう可能性があるので気をつけてくださいね。レストラン側には少し広めのトイレがあるので、そこだと音も気にならないと思いますよ。

150821_polepole_20 150821_polepole_23

目の前は緑で一杯。もちろん夏場は虫も一杯。
150821_polepole_33

夜ご飯まで時間があったので、近くを散策。少し先に行くと川辺があって丁度日没が見れました。

150821_polepole_35

 

T-シャツに短パンで食べる美味しいフレンチ料理

フレンチ料理と言えば、ちょっとお高くオシャレな洋服を着ていく場所で、周りに居る人もどこか気取った人が多くて、行きづらい場所というイメージがあり、昔結婚式の景品で横浜のフレンチ料理を食べに行った事があるけど、敷居が高すぎて味を堪能する事も出来なかった思い出がありますが、ここは誰でも美味しいフレンチを気軽に食べる事が出来るコンセプトの元作られているので、僕みたいなT-シャツに短パンの庶民でも充分味を堪能する事が出来ましたよ^^

外から見る室内もオシャレです。

150821_polepole_37

この日はホテルに泊まる人が6名とご飯だけを食べに来た人が5名で計11名。

150821_polepole_41

2名のシェフとホールの支配人の計3名で回してましたが、料理が出て来るのが遅くなる事も無く、19:00から食べ始めて21:00まで料理を堪能してましたよ^^

150821_polepole_40

どれも美味しく最後までニコニコ!美味しい物を食べると自然に笑顔になる!

見た目でこれはこんな味がしそうという考とは全然違う味がするんですよ。それは食感と味両方で楽しめるんですけど、美味しくてずっとニコニコしてましたね^^ 一体自分が何を食べてるのか分からないけど、運んでくる時に支配人が料理の説明と、面白い演出をしてくれるので、場が明るくなるんですよね。

きびきびと無駄の無い支配人の動きも素晴らしかったです。

150821_polepole_38

シェフのスペシャルコースは計7品に紅茶付き。少しずつ出てくる料理ですが、最後はお腹一杯で満足感がありました。高くて満足感の無い敷居が高いだけのフランス料理とは違いますね。

150821_polepole_39

アルコール類も色々種類が豊富でした。まずはビールといきたい所ですが、せっかくなので自家製モヒート。

150821_polepole_42

ニクい演出のおしぼり。これは写真では分かりませんが、最初から楽しませてくれますよ^^

150821_polepole_43

メニューには無い近辺で取れたみずみずしくてデザート感覚の茄子でお口をさっぱりとさせてから、

150821_polepole_44

鴨川漁港 サワラのお刺身

生ものが食べれない彼女が、”ゲッ!お刺身きた”と言っていたけど、せっかくなのでと食べたら、普通に食べててびっくりしましたが、お刺身を食べてるのに生臭さが一切無くて、一体僕は何を食べてるのだろうか?という感覚にさせてくれた1品ですが、とっても美味しかったです。今回のコース料理で一番のお気に入りです。

150821_polepole_77

モチモチで美味しい自家製パンでお口を直してから、

150821_polepole_78

キタアカリと四角豆のロースト

細長いのは梨で、周りのソースと食べると絶妙な美味しさですが、これはとりわけ美味しいという事も無かったかな?

150821_polepole_45

ここでビールをオーダー。

150821_polepole_46

かぼちゃの冷製ポタージュ

わざわざカボチャに絵が書いてるんですよ!舌だけじゃなくて、目でも楽しませてくれます!

150821_polepole_47

そしてそれを崩して飲むんです。クリーミーで美味しいですよ。

150821_polepole_48

大原漁港 メジナ エゴマのガダイフ包み

これもすんごく美味しかった!外のサクサク感が絶妙で白身魚との相性抜群!幸せな食感でしたよ。サワラのお刺身と同じぐらい美味しいです。

150821_polepole_49

また食べたい!!

150821_polepole_50

グラニテ

グラニテ?はて?と思ってたら、メインディッシュを食べるまえに、今まで食べたお口の中をこれまたサッパリさせて味覚を戻す作業をするために出てくるシャーベット状のデザート。しかしシャーベットよりも糖度は低いので、水を口でゆすぐ変わりにでてくる様な物と考えておけばいいそうです。

このタイミングでデザート来たよ!と何も知らない僕は喜んでました^^;やはりフレンチ料理はオシャレですね!

150821_polepole_51

北総豚の塩麹ソテー ソースロベール

そしてメインディッシュのお肉料理がきました!が、すでにここで結構お腹一杯^^; 残らず食べたけどこれも美味しかったですよ^^ 

150821_polepole_52

ローズマリーのキャラメルアイスクリーム

しめにスコップで掘るデザートです!これも1口さいずじゃなくて結構がっちりはいってます^^ ローズマリーの風味があって美味しかったですよ^^

150821_polepole_55

誕生日の彼女はロウソクを立ててもらってました^^

150821_polepole_56

これで夜ご飯は終了です。とっても美味しかった。焼き肉を食べたりするのも勿論美味しいですが、これは全く別もので美味しいです。綿密に考えられたストーリー構成を持ってだされる料理。それを飽きる事なく、適度な量で食べる事が出来るんですよ。また食べに行きたいですね^^お仕事頑張ろうと言う気持ちになります。

星が奇麗。

時刻は夜の21時。少しお散歩するために近くのコンビニへ行く事へしましたが、田舎道なので明かりが無い所だと星が凄く奇麗でした。写真は上手く撮れなくてもったいない事をしてしまいました^^;

150821_polepole_60

そして念願のお風呂タイム!

150821_polepole_61

コンビニで1袋¥90のきき湯を買って来ていれました。

150821_polepole_62

夜になると光を求めて虫が窓に集まって来ます。お腹のぷっくり膨らんだバッタもいました。子供は喜びそうだなと思ったけど10歳未満は泊まれないんだよね。

150821_polepole_58

ローソンがあったのでヨナヨナエールです^^ビールを飲んでお風呂に入って、12時前には寝ちゃいましたが、いびきをかいてうるさかったと言われました^^;

150821_polepole_63

次の日も朝からシャワーに入ってさっぱり^^

150821_polepole_65

朝ご飯を食べる為に、玄関を開けると大きなクモさんがいましたよ^^都内じゃ見れませんね。

150821_polepole_66

6人だけの贅沢な朝食。

よくあるホテルに泊まると、朝からざわついた感じの中バイキング形式で食べる朝食が一般的ですが、ここは6名の宿泊客のためだけに、泊まってる客室の直ぐ横で朝ご飯が食べれるんです。 自分の為だけに作ってくれる朝食ですよ?こんなに贅沢していいのかなという気分になりましたよ^^;

150821_polepole_67

そして朝からこの朝食!!期待を裏切りません!!

150821_polepole_68 150821_polepole_72

デザートもあります!

150821_polepole_69

そして朝からボリュームのある自家製パン!!

150821_polepole_71

パンに付ける数多いジャムにバター!

150821_polepole_70

小さなスプーンは味が交わるので、それぞれにスプーンが用意されてるんですよ?!さすがです。

150821_polepole_73

キラッキラのハチミツです。いつもは朝食を食べない僕ですが、この日は全部完食しましたよ!こんな朝食毎日食べたいです^^

150821_polepole_74

料金

ここまで見といて気になるのが料金ですよね^^

料理

ご飯はお昼と夜にやってます。事前予約しないと行けないと思いますので一方入れた方がいいです。地方で取れる旬の食材は想像を絶する美味さ。都内だと1万円してもおかしく無い値段ですけど、千葉だから出来るんでしょうね。

3品のブリフィクスコース~ ¥2980~
僕が食べたシェフスペシャルコース ¥5980~

宿泊

宿泊には夜ご飯も強制的にセットで含まれますが、これは食べないと勿体ないです^^;ご飯を食べないでここに泊まるだけは意味が無いと思います。夜も朝も食べてこそ、pole poleに泊まったと言えると思います。

オフシーズン ¥7,900から~ ¥7,900なのは一番少ないメニューの料理ですが、それでもこの値段。

ハイシーズン ¥13,900 8月のハイシーズンに泊まりましたがそれでもあのフレンチ料理を食べれると考えればこの値段はとっても安いです。

予約は楽天トラベルからできますよ。

pole pole まとめ

有名店で働いてたシェフと支配人が千葉に作った小さなキャンピングリゾート施設。

三部屋しかない客室は一人一人のゲストを大切にしてくれてる感じがします。

料理はどれも美味しくいつもコンビニ弁当ばかり食べてる舌でも美味しいというのは充分、分かりました^^

都内からは電車で1時間55分で着くので、交通の便も悪く無い。海沿いはサーフショップが多かったです。

一流の味とオシャレなお部屋は1泊¥7900~と格安で楽しむ事が出来ます。

特に室内でのお風呂場はきれいで、仕事の疲れを流すのに丁度いいです。

虫が多いので夏場は虫除けスプレー必須です。

150821_polepole_75

とても満足度の高い大人のキャンプで仕事の疲れが取れました^^ しかし、要望としては時間を忘れる為に時計が無いけど、料理の時間は19:00からと指定されるなら、時計があってもいいよね。。と思ったり、、夏場なのに室内に小型の冷蔵庫が無いのは不便だなと思いましたので、そこだけあれば〜ああ、100点満点だったな〜と思いましたよ。コンビニで買ったビールが冷めちゃうんだもの。それでも95点満点に素晴らしい場所でした!

次はオフシーズの安い時期に遊びに行きたいと思います^^

ポレポレフレンチ / 上総一ノ宮駅

夜総合点★★★★★ 5.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。