沖縄行くんで水中カメラ「PENTAX_WG-3」買いました!

公開日: : 最終更新日:2015/08/19 カメラのこと, 水中カメラが楽しい

130731_PENTAX_WG-3_00.jpg
8月の連休あたりに前々から計画してた人生初の沖縄旅行!旅のお供としてカメラはNEXを持ってくんですが、沖縄と言えば奇麗な海!水着を着た女の子!には噂によると熱帯魚が沢山泳いるそうで、youtubeなんかで下調べ済みなんですが、そんな凄い奇麗な海だったらさ、やっぱり撮影しなきゃいけないでしょ。ダイビングも人生初参加でやってくるので、ブログのネタ作りも兼ねてと色々と調べて「PENTAX 防水デジタルカメラ PENTAX WG-3」を買いましたよ!



スポンサードリンク

今回買ったのはカメラに予備バッテリーに水中でカメラを落としても浮いてくれるカメラ用の浮き輪の3点です。
130731_PENTAX_WG-3_02.jpg
本当はもっとビビットな海で落としても見つけれそうな色が良かったんですが、落とさない事を前提に白を選びました。

色々ある水中カメラから何故これを買ったのか?

僕が求めてた水中カメラというのはね、
●手ぶれが置きやすい水中でも明るいレンズを使う事により動きのある魚を極力暗くせずに奇麗に撮影出来る。
●がっちりとしたボディで耐久性がある。
●カメラにストラップがくっつけれる。
●ダイビングをやる時の水深6m以上を耐えれる。
●値段がそこそこ安い。
●水中カメラ以外にスナップ程度で気軽に使えたら尚よし。
一言で言えば、「魚を奇麗にそこそこ撮れれば満足なわけなんですよ。」最初は1万円台のを買おうとしてたんですが、口コミをしらべてるとあまり良い意見がなかったので、こちらを購入したわけなんですが、素人ながら調べた内容比較を書きますね。
●ソニー
DSC-TF1L:1610万画素で水深10mまでOK。水中モードがあるので水中でも適正な色で魚を写真撮影が出来る。値段もお手頃。ボディはつるっと滑りそうなデザインなのが残念。バッテリーの消耗が激しい。一番の購入を見送った理由は1回の使用で浸水した。という価格.comのコメントを見たからです。こういう記事みると恐くて手が出せなくなっちゃいます。
価格.com:サイバーショット DSC-TF1


DSC-TX30:これは水中カメラっぽくなく、コンパクトなのは良いんですが、手のフィット感が乏しそうで、ストラップを付ける部分がどこなの?と言った感じ。1つ良い点は「拡大鏡プラス」というマクロ機能が面白そうな部分もありますが、水中でのタッチパネル感が操作しずらそうなので見送る事にしました。
価格.com サイバーショット DSC-TX30

●Canon
PowerShot D20:水中用カメラなのに公式の撮影サンプルがなんで青空バックの外人1枚の画像だけなの?水中カメラなんだから、魚の撮影したデータとか置いてくださいよ。。購入する気なくなりますよ。魚を意識したデザインと大きなボタンは水中でも使いやすそうですが、これまたこんな記事を読むと見送り決定。撮影画像がぶれてたら、、とんでもない!!
Canon PowerShotD20
価格.com PowerShot D20

●オリンパス
TG-2:欲を言えばTG-2がデザインもF2.0のレンズ性能も防水15mカバーしてるし、何よりゴツくて男っぽくかっこよいのでこれが欲しかったけれども値段と1mの落下で壊れたというコメントから見送る事に。TG-830とTG-630もデザインのダサさから目もくれずに見送り決定。

価格.com TG-2
価格.com TG-830
価格.com TG−630

で、僕が購入したペンタックスのWG-3とは?

●レンズはF2.0と明るいので写真がブレずらい。
●もちろんダイビングをするのにあたり14m防水とここも楽々クリア。
●ボディが頑丈そうでカメラ自体にも無くさないようにストラップががっしりくっ付いてるデザインが僕好み。使うスタイルに合ってるのが良い。
●水中以外に3DCGの質感作成など、応用は広い「顕微鏡モード」が何気面白そう。参考画像これは調べてみると他社含め水中カメラにほぼ標準で付いてる機能みたいです。
2万数千円も最初は出す気なかったんですが中途半端な物を買うならと、ちょっと奮発してみました。WG-3の公式サイトにある水中作例を見てしまって、自分もこんな写真が撮影出来るの?!という気持ちにさせてくれたのが最終的な購入の決め手。プロが撮影してるでしょうが、多少画像処理してようが、水中カメラならやっぱりこういう作例無いと安心出来ななかったし、これだけ撮影出来れば嬉しいなと。水中撮影の難しさを知らないで買ったんですが、結果どうなることやら。。
PENTAX WG-3
価格.com WG-3


そうそう。1万円払うダイビングなんですけどね、そのダイビング時間というのは約30分なんですよ。ダイビングに1万円。カメラに2万数千円。旅行費用等をプラスするなら1枚でも良い写真撮りたい!という事で、念には念を入れて「水中撮影テクニック」の本をポチリ。即実践なのが無謀すぎるなあ。。金魚でも買って来て撮影練習しようかな。

セット内容は説明書に、カメラ本体、電池、カメラとベルトループなんかに付けれるストラップ、USB充電器、CD-R、顕微鏡モードでレンズとカメラを一定距離置く為の備品、それに説明書が入ってます。残念だったのが、今流行の充電器はセットに含まれて無い物でした。ちょっと高くても標準で付いてくれたら嬉しいんだけど。USBから充電するのが結構手間で面倒なんですよね。
130731_PENTAX_WG-3_04.jpg
頑丈!という見るからにゴツいデザインがいい!海行くのに高級なNEXをハウジング(カメラを水中でも使える保護ケース)する程お金の無い僕にもこれならなんとか手が出ました!ハウジングって確か10万円以上するんですよ。。カメラもう1台買える値段なんですよ。。庶民には無理!!
130731_PENTAX_WG-3_05.jpg
ボタン操作なので水中でも使いやすそう。右側のがっちりとした金属パーツがストラップをぎっちり縛り付けてくれそうで、安心感があります。ここも購入ポイント!
130731_PENTAX_WG-3_06.jpg

水中カメラの命!バッテリーとメモリー部分は2重ロック!

何かの拍子でガバッとバッテリーケースが開いちゃった!なんて事が無い様に、バッテリーとSDカードを入れる裏面部分は、LOCKマークを操作してから、OPENマークを操作する事により誤作動で開かない様に厳重設計となってます!
130731_PENTAX_WG-3_11.jpg
ここに電池と、メモリー
130731_PENTAX_WG-3_13.jpg
そして残念なUSB充電。。パッキン部分にはホコリや砂が入ってロックしても隙間ができてしまうと、水中撮影中にそこから浸水してしまう恐れもあるので、なるべく充電部分は開けっ放しにしない方がいいので、別売りの充電器をそのうち買います。
130731_PENTAX_WG-3_22.jpg

シャッターボタンがちょっと硬い

天面にはシャッターボタンと電源。シャッターボタンは半押しから押し込むのがちょいと力を入れないと切られないのが使いづらいと思いましたが、アクティブなシーンでの使えるカメラなので、簡単にシャッターが切られない仕組みに、あえてなってるんでしょうね。
130731_PENTAX_WG-3_09.jpg
で、カメラ買いましたけど、カメラを使ってて学んだ充電池の大切さね。特に購入当初はカメラの使い方も、どのモードでどのような写真が撮影出来るのかも試行錯誤しながら使うので電池の消費がかなり激しくなってしまうんです!公式のは高すぎるのでこちらの互換バッテリーを買いました。2個セットでこの価格は安い!不良品もあるみたいですが、値段が安い為に躊躇せずにポチリ。
130731_PENTAX_WG-3_14.jpg
ペンタックス D-LI92  互換バッテリ- ☆2個セット☆

水中カメラを購入したら「カメラ用の浮き輪」は絶対買いましょう!

これにも一応付属のストラップが付いてるんですが、海まで出かけるまでは腰にこのストラップを付けときゃいいのかもしれませんがね、海に入る時って水着一枚になるわけでしょ?このストラップをどこに付けろというんでしょうか。うん。付けれないんですよ。単純にこのままだと手でカメラを握りながら泳がなくちゃいけなくなるので、それでは波に飲まれてカメラがどっかいってしまったー!!と泣くのは目に見えてるので、腕に巻き付けれる水中カメラ用の浮き輪も一緒に買いました!というか皆さん絶対これは必須ですよ。
130731_PENTAX_WG-3_23.jpg
PENTAX フロートストラップ O-ST1352 防水デジカメ用
130731_PENTAX_WG-3_16.jpg
こちらはWG-3公式に対応してるペンタックス商品なので問題ないでしょ!という意味を込めてポチリ。鮮やかな赤色なので万が一手からカメラが離れてもこの浮き輪が発見しやすいので色は重要!目立つが吉です!東京の濁った海なんかで使う場合はかっこいいという理由から黒のフロートなんて絶対買っちゃだめですよ!

他にも安いフロートも沢山売ってますが、非公式のを買ってカメラが沈没したら泣くのは僕な為に、ここはケチりませんでした。

腕に巻き付けるので安心なんですが、カメラとストラップがちょいと細い糸だけで繋がってるんですよ。。
130731_PENTAX_WG-3_20.jpg
非常に気になる難点は、このフロートを繋ぐ頼り無さげなストラップなんです。。
130731_PENTAX_WG-3_17.jpg
カメラとフロートを直ぐに外せる様な設計になってるんですが、これまた何かの拍子でぱちんと、フロートだけ流されたり、ましてや海に浮いでて腕に巻き付けてるから安心かと思いきや、カメラだけがストラップから外れて落ちてた!なんて事ないですよね??ペンタックスさん無いですよね??と、使う前からちょっと疑心暗鬼になってる僕ですが、
130731_PENTAX_WG-3_18.jpg
んん、まあ、大丈夫そうかな!!基本腕にフロートをまきつけてカメラを手から離さないで使う様にした方が精神的に良さそうです。
130731_PENTAX_WG-3_21.jpg
カメラを持ったおっさんが海で写真撮影してたら注意を受けるなんて事がなければいいけどな。と、先日これを購入してから今年初海へ行って参りましたので後日そのレポートを記事にしますので、気になる方は引き続きご参考にしてみてください!
一言で言いますとね、海での撮影面白い!!カメラを始めて購入して風景だ、ブログ用記事だと写真撮影して楽しかったあの頃のワクワク感ね!あれが別の感じで出てくるんですよ!浮き輪に乗り、陸から離れた場所で写真撮影出来るんですよ。思い切り波を体に感じながら写真撮影出来るんですよ。周りを見てると、砂浜まではカメラを持って来てたり、携帯カメラで記念撮影してますけど、こちらは海の中で写真を撮影してますからね。通常なら絶対不可能な場所で写真を撮影出来る事って面白いですよ!海の中での笑顔や、波に飲まれたときの表情。水しぶき。海の中まで撮影出来ちゃう!たまたま可愛い子ちゃんが写ってたなんていうハプニングがあれば尚良しという事で。
2013/8/7追記:
海でバッテリー部分を開閉してないのに砂やら若干バッテリー内部の際が濡れてる箇所がありました。赤丸部分は小さな砂の付いてる部分ですので、必ず使用後はバッテリー内部の清掃を心がけた方がよさそうですね。
130715_miurakaigan_14.jpg
フロートもカビちゃいますのでちゃんと乾かした方がいいですよ。
130715_miurakaigan_15.jpg



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントお願いします^^

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • face_smile_small管理人ゆーすけについてはこちらから読んでください。お問い合わせはこちらからお願いします。

PAGE TOP ↑