2018年 幸手桜祭に行ってきました。行き方は電車電車+歩きがオススメ。

東京から電車で1時間30分ぐらいの場所にある埼玉の幸手駅から徒歩20分ほどの場所、権現堂堤に1キロにわたり植えられた桜を写真撮影してきました。以前行ってきた話はこちらに書いてます。桜がお腹一杯になる「県営権現堂公園」でお花見して来ました!

幸手桜祭の行き方は電車+歩きがオススメ

〒340-0103 埼玉県幸手市内国府間887−3

電車で幸手駅に着いたら、歩いて行くのがオススメです。20分ぐらいで着くし、周りは田舎道なので晴れていると気持ちがとても良かったです。臨時バスやタクシーで行くことも可能ですが、長い渋滞が発生してとても時間がかかるのでオススメできません。また、駅周辺はかなりの田舎なのでコンビニが数件あるぐらいですが、桜祭会場では屋台が出ていました。

桜が満開で風に揺られて花びらが散り始めていました。

多くの人で賑わっていますが、ブルーシートが引くスペースはポチポチあります。

今年は以前行った時よりも菜の花の開花率が悪かったのが少し残念でしたが、建物が映らずに長い桜道を撮影できるのはやはりこの場所の醍醐味ですね。

日本人だけじゃなく他国の人も大勢歩いていたのが印象的でした。世界中で桜は人気のようですね。

ティッシュを撮影する嫁

徒歩で向かう途中にあった菜の花畑

こちらも徒歩で向かう途中にあった桜並木道。誰もいなくて貸切状態の穴場スポットでした。

今回の写真はα7Ⅲというソニーのカメラ+レンズキット製品で撮影しました。買ってきた時の記事はこちらに書いてるので気になる人は読んでみてください。α6000からの乗り換えで初のフルサイズカメラ。α7Ⅲ買ってきました。

コメントを残す