α7ⅢとNEX6でISOの数値を上げて撮影した画像を比較してみました。ノイズがこれだけ違うとは!

発売日に購入してきた初めてのフルサイズカメラα7Ⅲですが、以前持っていたカメラとどれだけ違うのかα7ⅢとNEX-6の画像でコンバースの画像を同じ角度からISO2000とISO1600(NEXには2000がないので)で写真撮影してみましたが、α7Ⅲのノイズの入らない事と言ったら素晴らしいですね。NEX-6から買い替えようと思ってる人の参考になればと思って画像をアップしましたので参考にしてみてください。

それぞれのカメラの設定

α7Ⅲの設定  シャッタースピード 1/30、ISO 2000、F11

NEX-6の設定 シャッタースピード 1/30、ISO 1600、F11

α7Ⅲ 全体図からみても分かる通り発色が良く、白いボードも白と分かるようになっていますが、

NEX-6 こちらでは全体的にノイズが掛かって一段暗くなり汚く見えていますね。

α7Ⅲ ISO2000なのにノイズが全然ない!!

NEX-6  ISO1600だと全体的にノイズがかなり乗っているのがわかります。

α7Ⅲ 発色が良くなったとパンフレットに書いてて本当に〜?と思ってましたが、NEX-6と比べるとまさにその通りでした。ピンクの彩度が鮮やかに表現されています。また1つ1つの布地の質感も高解像度なのでしっかりシャープに表現されていますがNEX-6ではボケかけているのが分かります。

NEX-6 色が鈍くて質感がボケています。

α7Ⅲ かかと部分を比較してもα7Ⅲの方は白い部分にノイズがほとんど乗っていませんが、

NEX-6  こちらではノイズが乗って黒く汚れて見えるようになっています。

α7Ⅲ凄い。

比較してみると発色が良くなりISO数値を上げてもノイズが乗らなくなり、質感がハッキリわかる事が分かりました。

26万円も払った甲斐がこれだけでもありました。ビックカメラの店員さんはISOの数値を上げてもノイズが目立ってきませんとは言っていたけど、ここまで見えてこないとは正直驚きです。解像度も高くて質感がはっきり分かり3DCGのテクスチャーを切り取る時にも大いに活躍できそうです。

やはり新しいものにはどんどん食いついて色々と試さないとダメだなと痛感しました^^;ブログ用に物撮りを考えてる人にもオススメのカメラなのは間違いないと思います。

コメントを残す