ありがとう。さようなら。PUBG。

2017年の思い出といえば何度もパラシュートで飛行機から落下したね。

同じ建物を狙って落ちてくる人がいれば、足音で怖がり

車で遠くまで逃げていたね。

綺麗な空を見上げながら走るドライブは気持ちよくて

時にはバイクに乗り

何度も死んでは助けを求めたね。

あの時は本当にありがとう。

パニックを起こしてスモークを投げて自分も見えなくなったり

草のコスプレをして隠れようともしたね。

大草原をバイクで走ってる時は本当に気持ち良かったね。

でもいつも助けてもらってばかりだったね。

死んでは生き返りを繰り返し仕事を辞めてから気づけば400時間近くをゲームの世界で生きていたね。1日8時間働いたとしたら50日間に相当するので、2ヶ月と半月働ける計算になるんだよね。でも僕は1円も貰ってないし、ゲームをやりながら何も残ってない事に気付いたんだよね。

こんなにゲームに没頭したのはいつぶりだろうか…。いや…生まれてこのかた初めてかもしれない。やる度にワクワクして相手を倒した時の高揚感と、敵にやられた時の絶望感は他のゲームでは感じらる事が今まで出来なかった。ゲームをして今まで痛いと思った事がなかったけど、これはその痛さを感じる恐怖があり、1日3時間もプレイすると疲れ果てて毎日1時間は仮眠を取って、寝言でも敵を倒す夢を見ていたよ。

PUBGはとても面白いゲームで中毒性がありPS4版もリリースされればこれからもっと人気のになるゲームだと思う。そのうちTVCMだってやるんじゃないのかな。人間の本能である狩猟をする楽しさを思い出させるようなゲームシステムは本当に神がかっているので、1度ハマると抜け出すのは並大抵じゃ無理だと思うよ。パソコンがあるからとDMM.comで購入して軽い気持ちでやってみようと思う事は絶対にやめた方がよくて、子供にプレイさせるのはどうかと思うよ。もちろん毎日仕事終わりに外食してお酒を飲んでいる人を見れば1度買えばずっと遊べるゲームなので、土日休みの遊びにすればお金の掛からない良い趣味と言えるかもしれないね。

仕事を辞めて家で仕事を頑張るはずがゲームをやりすぎたので、さようならの儀式をしました。ありがとうPUBG。また会う日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。