ドクターペッパーを1週間毎日1缶飲んでいたら体がズキズキして無気力になった。

先日までやる気を出すためにカフェインの入っているドクターペッパーを毎日飲んでいました。記事はこれ。最初のうちは元気が出るなと思っていたが、飲み続けていると体がダルくなり次に体の節々が痛くなりだして1日2缶飲んだ次の日は左腕の神経が痛くなり力が入らずパソコン作業もできないぐらいになったのでカフェインを飲むのをやめたら元に戻りましたが、1ケース買ってたのでもったいないからと2週間ぐらい経過して2日連続で飲んだらまた体がダルくなり無気力になったのでやっぱりカフェインレスで生きていこうと決意しましたよ。

何年後には「カフェインは体に悪くて絶対に飲んじゃ駄目なものだけど昔のサラリーマンは寝る暇惜しんで働く為にカフェインを大量に摂取しながら働いていたんだよ。」と言われる時代がやってくれるんじゃないのかな。

レッドブルを差し入れで持ってくる上司はもっと働いて●ネと言ってるようなものなのでさっさと転職するに限りますが、そこで「この人優しい」と思うなら立派な社蓄と胸をはれますよ。おめでとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。