バカな人はアフリエイトをやるのに向いてる理由。


バカは頭のいい人より分からない事が多いのでその1つ1つを丁寧に記事にすれば分りやすい記事を書けるんです!


正直言って僕は昔から自分の事が頭がいいなんて1つも思った事がない。

かなりのバカだと思う。

頭のいい人は1おしえてもらうだけで分かる事も、頭の悪い人は10教えてもらわないと理解できない。そして僕は10教えてもらった事も、また10教えてもらわないと理解できないバカな頭を持っている^^;

しかし、1から10まで自分がわからなかったポイントもバカだからその苦労した点が分かるので、事細かく記事にすることが出来る。

結果、自分が沢山つまづいた分からない人に向けた丁寧な記事を書くことができるが、頭のいい人は事細かく説明されなくても理解できるので、バカな気持ちが分からず丁寧な記事を書けない。

え?そんな事も分からないの?と思う事さえバカな人は分からない。

画像を一枚配置されて、ここから申し込むと書かれていても、え?どこ?と、分からない。



スポンサードリンク

物覚えが悪く、自分はバカだなぁと思う人こそ自分がつまづいた事をふまえてブログの記事を書けは丁寧な記事を書ける。

そしてアフリエイトは自分の分からなかった事を、同じように分からない人に向けた記事を書けば一攫千金が狙える。仕事では物覚えが悪くていつも周りに迷惑をかけているな、、、と思う人こそ、その知識や経験を記事にする事で思わぬ副収入を手に入れられる。

自分の書いた記事でお金になると、会社から貰うお金ではない、「自分で稼いだお金」という喜びからより良い記事を書こうと熱中して、いつしか独立するまでになるかもしれない。

利口な人ほど、周りの秩序をみださずいい子でいようとするので会社に牛耳られる不幸な運命にも陥りやすい。どれだけ仕事が辛くても我慢こそ美徳なりと思っている人は本当に損だと思う。アフリエイト?そんな簡単にお金が儲かる仕組みがあるわけなじゃない!怪しい!と思うかもしれないけど、バカな人は、本当に稼げるのかも!!と信用してチャレンジする事ができる。

自分は物覚えが悪くて仕事もろくにできない…と思っている人が革命を起こせるチャンスがアフリエイトにはあると思っています。今の会社を抜け出したい人こそアフリエイトについて調べてみる価値があると思っていますよ。

アフリエイトについて詳しく知りたい人はアフリエイト本を3冊購入してみたので、こちらの記事を読んでみてください。
アフリエイト本3冊比較してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。