ブラック企業で働きたくない人は国の労働基準関係法令違反の公表事案をみるべき!

国が会社で働くことで過労死する事を防ぐ為に労働基準関係法令違反の疑いで送検された会社が毎月国の公式ホームページから見れるよになっています。

厚生労働省 労働基準関係法令違反に係る公表事案

これから就職活動をしようとしてる人は、少なくともこれらの会社で働かなければ未然にブラック企業を回避する事ができるというわけですが、内容を見てみると、従業員に何ヶ月も給与を支払わない内容が多いですねぇ..。さすがに僕も椅子を蹴られたり暴言吐かれたり会社のカードを切られた事はあるけど、給料はしっかり振り込まれてましたよ。

あの時は僕も20歳で、仕事ができない自分がいけないんだ!と思っていたけど、人格否定までされていたから、あれは訴えて良いレベルだったけど自分と同じく泣き寝入りしてるパターンの人って世の中に沢山いるんだろうな。

僕みたいに20歳で北海道から東京に出てくる人は貯金がなくて、1つの会社で働く事が偉いんだと思っていた当時は、仕事を辞めると自分みたいな若い人を雇ってくれる会社なんて他に絶対にないんだ!とにかく今の会社にすがるしか無いと思って、仕事を辞めたら生活費がなくなって”死ぬ”ぐらいに思っていたけど、ハローワークに行けば仕事が無い間お金が国から支給されるし、むしろ若ければ若いほど未経験でも雇ってくれる会社は沢山あるので、自分に合う仕事と出会う為にどんどん転職した方が世界が広がり、色々な会社で出会う人から価値観を学ぶ事ができます。

1つの会社で働いた方が良いというのは、企業が転職してほしくないからそう言っているだけの洗脳です。嫌な上司に教えられ続けているとその教えが正しいんだと、後輩が入ってきたら同じように調教するようになり、自分までも嫌な人間に成り下がってしまいますよ。ブラック企業で体を壊して精神的におかしくなりそうな人はさっさと転職すべきです。

合わせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。